中部大学の記事一覧

細胞を傷つけず簡便なゲノム編集法で染色体改変、中部大学が成功

 中部大学の岩田悟助教と岩本隆司教授らの研究チームは、愛知県医療療育総合センターと共同で、細胞への損 […]

自動車やビルの窓を重さ10分の1・硬さ3倍に 新しい薄膜材料を中部大学が開発

 中部大学の多賀康訓特任教授らは、自動車やビルの窓を10分の1近くまで軽くできる新しい薄膜材料を開発 […]

心臓カテーテル検査・治療中の心肺蘇生率を高める技術、中部大学などが開発

 中部大学の伊藤守弘教授らの研究グループは、三重大学と共同で、血管からのカテーテル挿入による治療中に […]

中分子医薬品の本格実用化へ、ペプチドの革新的な低コスト化に成功 中部大学

 中部大学の山本尚教授らのグループが、ペプチド(タンパク質断片)の効率的な新しい合成法の開発に成功し […]

筋肉の収縮を説明する数理モデル、中部大学などが開発

 中部大学の新谷正嶺助教らの共同研究グループ(他に東京大学、UT-Heart研究所)は、人や動物の骨 […]

民間初の宇宙到達ロケット、位置計測に中部大学開発の小型GPS受信機

 2019年5月4日、国内企業単独で開発した観測ロケットが初めて宇宙空間に到達した。ロケットには中部 […]

イカスミにアレルギー抑制効果、中部大学が発見

 中部大学の川本善之准教授と武田湖州恵准教授は名古屋大学、愛知学院大学と共同で、イカスミ色素の主成分 […]

内耳が気圧変化を感じ取ることを発見、気象病や天気痛に影響か 中部大学

 マウスの内耳の前庭器官に気圧の変化を感じる場所と能力があることを、中部大学の佐藤純教授(愛知医科大 […]

ボルネオ島のテングザルに絶滅の予兆、中部大学などが国際共同調査

中部大学の松田一希准教授らの国際共同研究グループは、ボルネオ島に生息するテングザルが絶滅の予兆を示し […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 5