京都府立医科大学の記事一覧

発生過程の体内時計抑制は正常な胎児の成長に不可欠、京都府立医科大学が解明

 京都府立医科大学大学院の八木田和弘教授らの研究グループは、胎児の発生過程に現れる二つの生物時計(分節時計と体内時計)の […]

「残留消毒効果」でウイルスが生存しにくい皮膚表面を創出 京都府立医科大学

 新型コロナウイルスやインフルエンザウイルスの接触感染を効果的に予防するには、手指衛生(消毒・手洗い)が重要な一方で、手 […]

学生アスリートの腸内環境が劣悪、大腸炎患者レベルも 摂南大学など

 摂南大学農学部の井上亮教授、藤林真美教授、スポーツ振興センターの瀬川智広准教授、京都府立医科大学の研究グループが摂南大 […]

「がんの次にこわい」 認知症に対する認識や態度を弘前大学が調査

 弘前大学大学院保健学研究科の大庭輝准教授らの研究グループが国内の大学病院に通院する患者とその同行者を調査したところ、認 […]

座っている時間が長いほど死亡リスク増加 生活習慣病とも関連

 座っている時間(座位時間)が健康に及ぼす悪影響については世界中でたくさんの報告がある一方で、日本人の座位時間に着目した […]

座っている時間が長い人は内臓脂肪が多い、京都府立医科大学が解析

 京都府立医科大学の安藤新人5年生、小山晃英講師、上原里程教授らの研究グループは、日常身体活動時間と内臓脂肪とBMIの関 […]

長距離ランナーが悩む運動後の「ランナー下痢」 原因は

 摂南大学農学部応用生物科学科の井上亮教授は、京都府立大学、日本体育大学、京都府立医科大学、栄養・病理学研究所との共同研 […]

院外心停止患者への体外循環式心肺蘇生は早いほどよい、京都府立医科大学と大阪大学が検証

 京都府立医科大学と大阪大学の研究グループは、従来の救命処置で自己心拍が再開しなかった院外心停止患者に対して、体外循環式 […]

生着率が高く安全な「血管付きミニ乳房」 新しい乳房再生医療に期待

 大阪大学大学院工学研究科の松崎典弥教授、凸版印刷株式会社(先端細胞制御科学(TOPPAN)共同研究講座)のFiona […]

再生医療に期待、骨格筋幹細胞のダイレクトリプログラミング(直接誘導)に成功

 藤田医科大学および京都府立医科大学の研究グループは、線維芽細胞およびヒトiPS細胞から骨格筋幹細胞を作製する技術の開発 […]
  1. 1
  2. 2