奈良県の大学の記事一覧

強迫症(強迫性障害)の症状・治療のメカニズムを計算論的アプローチで解明

 奈良先端科学技術大学院大学と株式会社国際電気通信基礎技術研究所の共同研究グループは、強迫症(強迫性障害)のメカニズムを […]

アルゼンチンアリやヒアリの侵入を防ぐ物質、奈良女子大学などが日本在来アリから発見

 奈良女子大学などの共同研究チーム※は、アルゼンチンアリやヒアリなどの侵害性アリに、強大な敵に出会ったかのような激しい忌 […]

畿央大学、卒業生300人以上の大学で「実就職率ランキング2022」4年連続関西4位

 株式会社大学通信が発表した「実就職率ランキング2022※」において、畿央大学は、300人以上の卒業者がいる国公私立大学 […]

「ビリビリ、チクチク」に同調させた経皮的神経電気刺激でしびれ感が緩和

 脊髄損傷や頚椎症性脊髄症等の脊髄機能不全を呈する症例では、多くの場合、ビリビリ、チクチク、ヒリヒリと表現されるしびれ感 […]

畿央大学、生駒市のリハビリ支援事業を卒業生の理学療法士らがサポート再開

 畿央大学大学院の地域リハビリテーション研究室では、約10年前から生駒市の地域リハビリテーション活動支援事業「住民主体の […]

脳卒中患者の感じる「人間らしい歩き方」は歩行速度と相関 畿央大学

 畿央大学ニューロリハビリテーション研究センターの林田一輝客員研究員と 森岡周教授らの研究で、脳卒中患者が歩行中に感じる […]

脳卒中後運動障害で自他帰属に大きなエラー 予測誤差と運動主体感の関係性が変容か

 畿央大学大学院博士後期課程修了生の宮脇裕氏(現・国立研究開発法人産業技術総合研究所人間拡張研究センター)と森岡周教授お […]

痛みの性質、強度、部位が慢性腰痛患者の筋活動分布を変化させる 畿央大学

 畿央大学ニューロリハビリテーション研究センターの重藤隼人客員研究員らのグループは、痛みの性質によって、その痛みの強度・ […]

畿央大学、手先が不器用な子どもの把持力制御の特徴を報告

 畿央大学ニューロリハビリテーション研究センターの西祐樹客員研究員らのグループは、手先が不器用な子どもが物体を持ち上げて […]

脳卒中者の補足運動野への経頭蓋直流電気刺激が歩行パフォーマンスにも影響 畿央大学

 畿央大学の研究で、補足運動野への経頭蓋直流電気刺激(tDCS)を併用した歩行トレーニングによって、脳卒中患者の歩行安定 […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 13