杏林大学の記事一覧

コロナ禍で点眼薬の使用回数が増加、適正回数を上回る「さし過ぎ」の実態明らかに

 角膜(黒目部分)の傷リスクとケア方法について啓発を行う「現代人の角膜ケア研究室」は、コロナ禍で目を […]

広範囲脱毛の治療法実用化へ、東京医科大学などが新たな臨床研究開始

 東京医科大学皮膚科学分野の坪井良治名誉教授と原田和俊主任教授を中心とする研究チームは、これまでの脱 […]

広がる介護産業 グローバルセミナー「タイの医療ツーリズム」を開催 杏林大学

 2015年12月15日、第15回グローバルセミナーが杏林大学(東京都三鷹市)で開催されました。テー […]