東京医科大学皮膚科学分野の坪井良治名誉教授と原田和俊主任教授を中心とする研究チームは、これまでの脱毛症・薄毛に対する臨床研究に効果があったことから、今回新たな臨床試験を開始する。広範囲の薄毛部に自家毛髪培養細胞を複数回投与するという初めての試みで、見た目でわかる治療効果と安全性を目指す。研究は東邦大学医療センター大橋病院と株式会社資生堂との共同だったが、今回、杏林大学医学部付属病院が参加し3施設で行う。

 現在、脱毛症の中でも発症頻度の高い男女の壮年性脱毛症は重篤疾患ではないが、外見に重大な影響を及ぼす。QOL(生活の質)向上の点で治療法開発が期待されていた。日本国内では壮年性脱毛症の治療にいくつかの薬剤等を用いているが、継続的な服用が必要で、女性用の薬剤が少ないなど課題があり、効果も男女を問わず不十分だった。

 前回の臨床研究は2016~2019年に実施。毛球部毛根鞘(DSC)細胞加工物(S-DSCTM)を用いた自家培養細胞を頭皮薄毛部へ注入施術して安全性と有効性を検討した。その結果、薄毛部の小さな面積に一度だけ注射した際の、有効な細胞濃度を決定し、安全性を確認した。

 新たな臨床研究では、広範囲の薄毛部に複数回投与する。同意を得た被験者の後頭部から少量の皮膚組織(直径数mm)を採取し、それを細胞加工施設(資生堂細胞培養加工センター)に輸送。毛包DSC組織を単離・培養し、細胞加工物SDSCTMを獲得する。男女合計40名程度の被験者に対して、頭頂部とその周辺の広範囲の脱毛部位に、S-DSCTMを注入する。一定期間後、もう一度同一部位に注入。観察期間は1.5年(安全性2年)である。

 今回の臨床研究により再生医療による新しい薄毛治療法の実現が期待される。

論文情報:【Journal of American Academy of Dermatology】Autologous Cell-Based Therapy for Male and Female Pattern Hair Loss using Dermal Sheath Cup Cells: A Randomized Placebo-Controlled Double-Blinded Dose Finding Clinical Study

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。