東京医科大学の記事一覧

腸内に生息する“ダークマター” バクテリオファージの網羅的な同定に成功

 ヒトの腸内には数百から千種におよぶ細菌が生息し、腸内細菌叢を形成しているが、同時にそれと同程度かそれ以上の数のウイルス […]

東京五輪、開催決定はスポーツ実施率に影響与えず 東京大学が調査分析

 東京五輪組織委員会は五輪開催のレガシーとして国民のスポーツ実施率向上を挙げているが、五輪の開催決定が国民のスポーツ実施 […]

全く新しいステントを開発、ガン患者の苦痛を緩和

 東京都立産業技術研究センターは、東京医科大学、福井大学、慶應義塾大学と共同で、世界初の機能を持つ「ステント1」を開発。 […]

長時間労働は睡眠と食事を悪化させてメンタルヘルスに悪影響を及ぼす

 長時間労働がメンタルヘルスに悪影響を与えるといわれるが、残業自体ではなく、長時間労働による睡眠不足と不規則な食事がメン […]

朝型人間の夜ふかし、夜型人間の早起きは生産性が低下する 東京医科大学

朝型人間が夜ふかししたり、夜型人間が早起きしたりすることで仕事の生産性が落ち込むことを、東京医科大学医学部の志村哲祥兼任 […]

向精神薬使用と転倒・転落発生の関連を解明、東京医科大学が症例対照研究

 東京医科大学の井上猛主任教授、森下千尋助教を中心とする研究チームは、入院患者を対象とした症例対照研究を実施し、向精神薬 […]

フルリモート勤務は生産性損なう可能性、東京医科大学調査

 在宅勤務は心身のストレス反応を軽減するが、フルリモート勤務は仕事の生産性を損なう可能性を持つことが、東京医科大学精神医 […]

東京医科大学が医学科臨床実習に「感染症実践コース」必須に

 東京医科大学医学部医学科では、感染症の臨床推論や診断のアプローチ、感染症に対して安全に対応する能力を体系的に習得するた […]

コロナ禍での定期受診、約4割が頻度減少 東京医科大学が分析

 東京医科大学公衆衛生学分野の小田切優子講師ら研究チームは、2020年5月に日本人男女2,400人を対象にインターネット […]

座りすぎ、身体を動かさない 在宅勤務の健康リスク対策必要 東京医科大学

 東京医科大学公衆衛生学分野の福島教照講師らは、新型コロナウイルス感染症アウトブレイク時における一般市民の予防に関する考 […]