関西医療大学の記事一覧

運動イメージの臨床応用に向け、筋感覚的イメージの実施を容易にするイメージ戦略が明らかに 関西医療大学

 運動イメージは筋収縮や運動を伴わずに脳内で運動をリハーサルする心的過程であり、運動イメージと実運動は多くの共通した神経 […]

脳血管障害片麻痺患者の手指リハビリにあらたな運動療法を開発 関西医療大学

 関西医療大学大学院 研究科長の鈴木俊明教授らの研究グループは、麻痺側母指の動きが困難な脳血管障害片麻痺患者において、麻 […]

関西医療大学、黒部正孝準研究員が「第27回日本基礎理学療法学会学術大会」U39シンポジストに初選出

 2022年10月1日、2日に大阪国際会議場で開催される「第27回日本基礎理学療法学会学術大会」において、黒部正孝準研究 […]

脳卒中患者の痙縮の指標となる新たな評価の第一歩

 脳卒中などによって、痙縮という症状から手足の随意性が低下し生活に支障をきたすことがある。この痙縮を神経生理学的に評価す […]

手指の運動制御に関わる脊髄神経機能、運動イメージを応用することで明らかに

 ヒトが1本ないし数本の指を屈曲させようと力を入れると、それ以外の指も意図せず(不随意的に)力が入ってしまうような現象が […]

リズミカルな運動は過剰な筋の緊張をやわらげる 関西医療大学

 脳卒中を発症すると麻痺が生じる場合がある。その際、筋肉の収縮を司る脊髄前角細胞が過剰に興奮することが報告されており、そ […]

運動イメージが運動技能を向上させる際の神経機能が明らかに 関西医療大学

 関西医療大学の福本悠樹助教と同学大学院 研究科長の鈴木俊明教授らは、運動イメージが運動技能を向上させる機序の解明として […]