がん治療の記事一覧

世界初 ゴルジ体阻害剤、難治性胃がんへの効果確認 東京理科大学など

 がん研究会がん化学療法センター分子薬理部の旦(だん)慎吾副部長と大橋愛美主任研究助手、東京理科大学 […]

がん再発を阻止するナノテク抗癌剤の開発に成功 東京大学

 がん幹細胞に高い効果を発揮、しかも副作用が少なくがんを再発させない。アスベスト被爆が原因で発症する […]

膵臓がんの新治療法発見 有効性確認は世界初 関西医科大学

 関西医科大学外科学講座の里井壯平准教授らの研究チームは、腹膜に転移した膵臓がん患者を対象に臨床試験 […]

乳がんの浸潤転移・薬剤耐性分子機構と有効薬を発見 北海道大学ほか

 北海道大学大学院医学研究科分子生物学分野の佐邊壽孝教授、橋本あり助教らは、大阪大学と東北大学との共 […]

末期がん患者、最期は自宅の方が長生き? 筑波大学調べ

 「寿命が縮んでもいいから最期は自宅で」と考える末期がん患者が多い中、自宅へ戻った方が寿命を延ばすか […]

徳島大学 遺伝子異常の血液診断法開発 胃がん治療に有用

 徳島大学大学院医歯薬学研究部人類遺伝学分野の井本逸勢教授、増田清士准教授らと、京都府立医科大学消化 […]

横浜市立大学、茨城大学ががん幹細胞を抑える化合物発見

 横浜市立大学大学院医学研究科の梁明秀教授と茨城大学農学部の鈴木義人教授らが、がん幹細胞の増殖を抑え […]

がん、糖尿病の新薬開発へ産学連携組織がスタート

 日本医療研究開発機構は、国内の製薬会社と研究所が協力してがん、糖尿病などの新薬開発を進める産学連携 […]

東北大学 がん原遺伝子EVI1が血球増殖や骨の形成に関与

東北大学大学院医学系研究科の新堀哲也准教授らの研究グループは、先天性の骨疾患である橈尺骨癒合症(とう […]

筑波大学 γ-チューブリン特異的阻害剤の開発に成功

 筑波大学生命環境系臼井健郎准教授らのグループは、細胞分裂で重要な働きをする微小管の核形成を促進する […]
  1. 1
  2. 4
  3. 5
  4. 6
  5. 7