がん研究の記事一覧

世界初、ハダカデバネズミからiPS細胞作製 長寿とがん予防へ 北海道大学ほか

 北海道大学遺伝子病制御研究所の三浦恭子講師、慶應義塾大学医学部生理学教室の岡野栄之教授らの研究グル […]

蛍光性色素に代わる新しい色素を開発、慶應義塾大学と筑波大学

 慶應義塾大学医学部薬理学教室の安井正人教授らは、筑波大学数理物質系の新井達郎教授らと共同で、細胞膜 […]

新がん遺伝子発見 若年世代の白血病に革新的治療法期待 東京大学

 東京大学大学院医学系研究科の間野博行教授らのグループは、AYA 世代の最も多いがんの一つである B […]

世界初 がん細胞増殖と薬剤耐性に関わるタンパク質の構造解明 慶應義塾大学 

 慶應義塾大学医学部医化学教室の加部泰明講師、末松誠教授(現AMED理事長)らの研究グループは、難治 […]

ピロリ菌とウイルスの連携による胃がん発症の仕組み解明、世界初 東京大学など

 東京大学大学院医学系研究科の畠山昌則教授らは、タンパク質チロシンホスファターゼ(SHP1)が、ピロ […]

大腸がんの発生原理を解明 予防と新しい治療法に期待 九州大学ほか

 九州大学病院別府病院の三森功士教授らは、大腸がんが多様な遺伝子変異を持つ不均一な細胞集団からなるこ […]

東京大学 世界最高速の分子判別法を開発 バイオ研究を加速

東京大学大学院理学系研究科の井手口拓郎助教、合田圭介教授らは、分子の種類を世界最高速で判別する振動分 […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3