アレルギーの記事一覧

アトピー性皮膚炎のかゆみ物質を抑制する化合物、開発成功

 九州大学と東京大学の研究グループは、アトピー性皮膚炎の主要な痒み惹起物質であるIL-31の産生を選択的に抑制する低分子 […]

アレルギー性皮膚炎の新しい制御メカニズム、東北大学が発見

 東北大学大学院医学系研究科器官解剖学分野の小林周平助教と大和田祐二教授らの研究グループは、慶應義塾大学との共同研究によ […]

アトピー性皮膚炎の新薬「ネモリズマブ」、治験で有効性を確認 京都大学

 京都大学の研究グループは、アトピー性皮膚炎の新規治療薬「ネモリズマブ」の第Ⅲ相臨床試験(比較試験)を実施し、中程度から […]

前向きな気持ちはアレルギーを改善させる、山梨大学が世界で初めて実証

 山梨大学の中尾篤人教授らの研究グループは、前向きな感情を脳内で司るドーパミン報酬系の活性化はアレルギー反応を抑えること […]

規則正しい食事でアレルギー症状改善の可能性、山梨大学が発見

 山梨大学の中尾篤人教授らの研究グループは、食事摂取のタイミングがアレルギー反応の強さに大きく影響することを明らかにした […]

皮膚を介した小麦アレルギー発症に関与する遺伝子 筑波大学などが同定に成功

 小麦はパンやうどんなど口から摂取する食べ物だけでなく、加水分解コムギとして化粧品などの直接肌に触れる成分にも含まれてい […]

花粉症・アレルギーの発症機構解明へのカギとなる呼吸器M細胞を発見

 慶應義塾大学薬学部の木村俊介准教授と長谷耕二教授らをはじめとする共同研究グループは、呼吸によって吸い込んだ異物の取り込 […]

食物アレルギーの発症と進行の抑制に、東京大学が成功

 東京大学の中村達朗特任助教の研究グループは、プロスタグランジンD2の受容体を刺激する薬剤をマウスに投与することで、食物 […]

イカスミにアレルギー抑制効果、中部大学が発見

 中部大学の川本善之准教授と武田湖州恵准教授は名古屋大学、愛知学院大学と共同で、イカスミ色素の主成分であるメラニンに花粉 […]

ぜんそくの重症化に有効な治療法のカギを発見

 千葉大学大学院医学研究院の森本侑樹特任助教、平原潔准教授、中山俊憲教授らのグループは、重症のぜんそくで起こる組織線維化 […]