エネルギー問題の記事一覧

夏の停電時に在宅避難できる「ZEH住宅」 早稲田大学と旭化成ホームズが検証

 断熱性能の向上と省エネ、創エネで年間のエネルギー消費量実質ゼロを実現するネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)が夏の […]

可視光の80%を通すほぼ透明な太陽電池、東北大学が開発

 東北大学大学院の加藤俊顕准教授らの研究グループは、透明でフレキシブルな半導体原子シートである「遷移金属ダイカルコゲナイ […]

九州大学と京セラが組織対応型連携を開始、産学連携で社会課題に取り組む

 九州大学と京セラ株式会社は、2022年6月3日に組織対応型連携契約を締結。同年7月6日に第1回連携協議会(キックオフミ […]

カーボンニュートラル達成に期待 大阪大学が2050年の家庭のエネルギー消費を予測

 大阪大学大学院工学研究科の下田吉之教授と大学院生の西本隆哉さん(博士前期課程)らは、世界にも例を見ない詳細なボトムアッ […]

近畿大学、2022年4月より「情報学部」「理工学部エネルギー物質学科」を新設

 近畿大学は、2022年4月、理工学部を改組し、理工学部情報学科を母体として東大阪キャンパスに15番目の学部となる「情報 […]

東京工業大学、マサチューセッツ工科大学と廃炉で討論

 東京工業大学と米国のマサチューセッツ工科大学の研究者が先進的な原子力システムについて意見交換するワークショップが、米国 […]

筑波大学が充電不要の電池技術「熱発電」に成功

 筑波大学の守友浩教授の研究グループは、「コバルトプルシャンブルー類似体」を正極と負極に配置したイオン電池型熱発電セルを […]

一橋大学のチームが“放射性廃棄物”問題をテーマにした広告コンテストで金賞 

 学生団体Adfes(アドフェス)が開催する、大学の広告研究会やサークルが自ら考えた広告プランを競う「Adfes2017 […]

太陽と水から水素を高効率で生成、世界初の光触媒を開発 大阪大学

大阪大学産業科学研究所の真嶋哲朗教授らの研究グループは、黒リンを用いた光触媒を開発し、この光触媒を使用すると可視光・近赤 […]

オフィスの省エネと快適性の両立めざす温度の適応モデルを開発 東京都市大学

 東京都市大学環境学部のリジャル・ホム・バハドゥル教授ら研究チームは、オフィスにおける季節ごとの快適温度を明らかにし、快 […]