再生医療の記事一覧

昆虫の脱皮後の外殻再形成を模倣した3次元ゲルプリンティングに成功 東北大学

 昆虫は成長に伴い脱皮しても、クチクラと呼ばれる硬い外殻を表皮に再形成することができ、外界からの異物 […]

ウミウシが体を切り捨て頭部から全身を再生、奈良女子大学が発見

 奈良女子大学の三藤清香氏(博士後期課程1年)と遊佐陽一教授は、ウミウシの仲間2種に大規模な自切・再 […]

異種体内での臓器作製に足る、ドナー細胞のキメリズム上昇に成功 東京大学

 2つ以上の遺伝的に異なる細胞によって構成された生物をキメラと呼ぶ。東京大学医科学研究所の中内啓光特 […]

広範囲脱毛の治療法実用化へ、東京医科大学などが新たな臨床研究開始

 東京医科大学皮膚科学分野の坪井良治名誉教授と原田和俊主任教授を中心とする研究チームは、これまでの脱 […]

秘訣は“凍らせること” 環境にやさしく高強度なゲル材料の開発に成功

 凍らせて、混ぜて、溶かすだけというごく簡単な工程で得られ、かつ環境にやさしい高強度ゲル材料を、日本 […]

未分化iPS細胞だけ除去、再生医療で腫瘍形成の抑制に慶應義塾大学などが成功

 慶應義塾大学医学部の遠山周吾特任講師らの研究グループは、株式会社リピドームラボとの共同研究により、 […]

気管の起源になる現象の発見から、気管組織の培養技術開発に成功

 理化学研究所、米国シンシナティ小児病院、京都大学の研究グループは、気管発生のプロセスを明らかにし、 […]

iPS細胞利用の移植医療に適した移植モデル、北海道大学が開発に初めて成功

 北海道大学遺伝子病制御研究所の清野研一郎教授らの研究グループは、iPS細胞を利用した移植時に起こる […]

超音波を用いた細胞シートの生成 高活性化とコスト低減に成功

 超音波を照射するだけで、一般的な培養ディッシュやフラスコから細胞シートを剥離、生成する技術を、慶應 […]

東京理科大学、軟骨細胞の足場材料を合成する新しい技術の開発に成功

 軟骨細胞の足場材となる新たなハイドロゲル(高分子の鎖が形成するネットワークが水などの液体を含んだも […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 8