再生医療の記事一覧

超音波を用いた細胞シートの生成 高活性化とコスト低減に成功

 超音波を照射するだけで、一般的な培養ディッシュやフラスコから細胞シートを剥離、生成する技術を、慶應 […]

東京理科大学、軟骨細胞の足場材料を合成する新しい技術の開発に成功

 軟骨細胞の足場材となる新たなハイドロゲル(高分子の鎖が形成するネットワークが水などの液体を含んだも […]

生着率が高く安全な「血管付きミニ乳房」 新しい乳房再生医療に期待

 大阪大学大学院工学研究科の松崎典弥教授、凸版印刷株式会社(先端細胞制御科学(TOPPAN)共同研究 […]

iPS細胞から万人に輸血可能な“ユニバーサル”血小板を作製

 血小板輸血患者の5%程度に起こる「血小板輸血不応症」では、血小板の型(HLAクラスⅠ)が合致しない […]

ヒトiPS細胞から肝臓・胆管・膵臓を一括作製、東京医科歯科大学が成功

 東京医科歯科大学の武部貴則教授の研究グループは、シンシナティ小児病院との共同研究で、胎内で肝・胆・ […]

再生医療に期待、骨格筋幹細胞のダイレクトリプログラミング(直接誘導)に成功

 藤田医科大学および京都府立医科大学の研究グループは、線維芽細胞およびヒトiPS細胞から骨格筋幹細胞 […]

「壊し屋」が脳を守る、血液脳関門の仕組みに慶應義塾大学が新発見

 慶應義塾大学の菅田浩司専任講師らの研究グループは、脳が異物侵入を防ぐためのバリア機能の形成に必要な […]

「液体のり」で造血幹細胞を増幅、東京大学などが成功

 東京大学の山崎聡特任准教授らの研究チームは、スタンフォード大学、理化学研究所と共同で、液体のりの主 […]

ヒト組織を受け入れる免疫不全ブタモデル、慶應義塾大学と佐賀大学が開発に成功

 慶應義塾大学医学部の小林英司特任教授らは、外科的手法で免疫不全状態が調整できるブタモデルの開発を成 […]

タンパク質のリン酸化抑制による損傷視神経の再生促進、早稲田大学などが成功

 早稲田大学、国立精神・神経医療研究センター、横浜市立大学の研究グループは、外力によって損傷した視神 […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 8