再生医療の記事一覧

低価格のiPS/ES細胞の培養方法の開発に成功、従来の10分の1に 京都大学

 京都大学の長谷川光一特定拠点講師、吉田則子研究員らの研究グループは、多能性幹細胞(iPS細胞やES […]

急性心筋梗塞を他家Muse細胞の点滴で修復再生治療 岐阜大学と東北大学

 岐阜大学の湊口信也教授の研究グループと東北大学の出澤真理教授の研究グループは共同で、ウサギの急性心 […]

横浜市立大学に現役最年少31歳の教授が誕生

 横浜市立大学は、2018年1月15日付で、現・医学部臓器再生医学准教授 武部貴則さんを、先端医科学 […]

器官を丸ごと作り変える再生現象「決定転換」を担う遺伝子の解明 東北大学

 ショウジョウバエでは、傷やストレスに対する応答として、器官を丸ごと作り変えてしまう「決定転換」とい […]

大塚グループ、大学発バイオベンチャーに10億円出資

 大塚グループの大塚製薬(東京、樋口達夫社長)と大塚製薬工場(徳島県鳴門市、小笠原信一社長)は、大学 […]

世界初、ヒト胎盤幹細胞の樹立に成功 東北大学と九州大学

 胎児に栄養や酸素を供給する重要な器官である胎盤。胎盤幹細胞(TS細胞)は、自己複製能と胎盤の細胞に […]

横浜市立大学がヒトiPS細胞からミニ肝臓の大量製造に成功

 横浜市立大学の武部貴則准教授、谷口英樹教授らの研究グループは、複数の企業との産学連携体制のもと、i […]

iPS細胞からヒト肝臓モデルを構築 東京大学

 東京大学の研究グループは、肝非実質細胞の同定・分取に成功し、その解析結果をもとにヒトiPS細胞から […]

東京大学、細胞ファイバ技術でヒトiPS細胞を高効率培養

 東京大学生産技術研究所の竹内昌治教授と池田和弘大学院生らの研究グループは6月7日、細胞ファイバ技術 […]

東京大学、薬剤だけで多能性幹細胞から三次元的に骨様組織を作製することに成功

 東京大学は、薬剤のみを用いてマウス多能性幹細胞(ES細胞、iPS細胞)から三次元的に骨様組織を作製 […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 7