妊娠の記事一覧

母親の職業で死産リスクに差、サービス業は要注意 大阪医科薬科大学など調査

 大阪医科薬科大学医学部の鈴木有佳助教、本庄かおり教授、東北学院大学教養学部の仙田幸子教授らの研究グループが、出産時の母 […]

妊娠中の自宅増改築、乳児期の喘鳴リスクを拡大か 兵庫医科大学など解析

 兵庫医科大学の小児科学、エコチル調査兵庫ユニットセンターなどの研究チームが子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル […]

コロナ禍で「妊娠や子育て」「望まない妊娠」の相談が増加、岡山大学が調査

 岡山大学大学院保健学研究科とおかやま妊娠・出産サポートセンターでは、2020年8~9月(新型コロナウイルス感染拡大第2 […]

喫煙の子宮への直接的な悪影響、関西医科大学などが科学的に解明

 関西医科大学の木田尚子助教らの研究グループは、慶應義塾大学、 広島大学と共同で、タバコ成分が子宮内膜の低酸素状態を招き […]

妊娠中の大豆、イソフラボン摂取が子の行動的問題のリスク低減に有効

 愛媛大学が主導し、東京大学、琉球大学が参加する共同研究チームが、妊娠中の大豆、イソフラボン摂取が子の多動問題のリスク低 […]

「妊産婦・乳児専用の避難所」の開設・運営へ、文京区と日本女子大学が連携

 文京区では、区内4カ所の大学に日本で初めて妊産婦・乳児専用の避難所を設置した。その1つである日本女子大学では、妊産婦・ […]

日本の妊婦・不妊治療患者が抱く、COVID-19に対する感染不安の実態を調査

 北海道教育大学と東北大学の研究グループは、妊婦・不妊治療患者を対象にした新型コロナウイルスに対する不安についてのアンケ […]

パートナーの妊娠初期から、父親の親性脳の発達に大きな個人差 京都大学

 京都大学と麻布大学の研究で、父親の親性脳はパートナーの妊娠期からゆっくりと発達が始まること、ただし、そこには大きな個人 […]

不育症に関わるとみられる新しい自己抗体を発見 神戸大学と大阪大学

 神戸大学と大阪大学は、2015年に発見した「ネオ・セルフ抗体」が不育症の女性に高頻度に検出されることを見出した。

精子成熟機構をオンにするメカニズムの解明 大阪大学

 約6組に1組のカップルが不妊に悩み、そのうち約半数は男性側に原因があるという。しかし、精子の成熟に関わる因子については […]
  1. 1
  2. 2