治療法の記事一覧

病原性大腸菌が代謝能を変化させて増殖優位性を獲得する仕組みを発見

 潰瘍性大腸炎やクローン病に代表される炎症性腸疾患IBD(Inflammatory Bowel De […]

ラグビー選手は肩関節脱臼「4回」で骨欠損が生じやすい 順天堂大学が解明

 順天堂大学大学院医学研究科の金子和夫教授らの研究グループは、肩の関節が外れる「脱臼」や、ズレが生じ […]

便秘薬で腎臓病の進行抑制と心血管疾患予防の可能性 東北大学

 東北大学の阿部高明教授らの研究グループは慶應義塾大学と共同で、便秘症の治療薬として使用される薬剤リ […]

大阪大学が神経障害性疼痛の痛み増幅メカニズムを解明 新たな治療標的の発見へ

 必要以上に長く続く痛みや原因のわからない病的な痛みとして知られる慢性疼痛は、全世界で15億人以上の […]

乳がん細胞の増殖と治療薬の効果を左右するタンパク質を世界で初めて発見

 慶應義塾大学先端生命科学研究所の齊藤康弘特任講師、曽我朋義教授らのグループは、乳がんの増殖や乳がん […]

アルツハイマー型認知症に対する超音波治療 東北大学が本格治験を開始

 高齢化の進展により、あらゆる認知症が増加の一途を辿る中、認知症に対する新たな治療法の確立は、世界的 […]

iPS細胞による小児脳腫瘍の病態解明と新治療戦略開発に成功

 京都大学の寺田行範大学院生と城憲秀大学院生、東京大学の山田泰広教授らの研究グループは、ヒト人工多能 […]

福岡大学に佐賀のNPOが1型糖尿病研究を助成 ふるさと納税などが原資

全国の1型糖尿病患者と家族を支援する佐賀県のNPO法人日本IDDMネットワークは、佐賀県に寄付された […]

名古屋工業大学の柴田哲男教授ら、「サリドマイドパラドックス」を解明

 1950年代に胎児に重篤な四肢奇形を起こしたサリドマイドは、今では世界のがん患者を救う希望のくすり […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 11