生物学の記事一覧

がん:レーザー駆動陽子線源を用いたマウスの放射線生物学

Cancer: Radiobiology in mice using a laser-driven proton sou […]

魚の眼球中の水晶体から、生涯の移動や採餌の履歴を読み解く

 海洋研究開発機構、東京大学、水産研究・教育機構の研究者らは、魚の眼球中の水晶体の窒素同位体比分析を行うことで「魚の生活 […]

環形動物の新種、佐渡沖で発見 「キングギドラ」にちなんで命名

 新潟県の佐渡島沖で体が分岐する新種の環形動物を東京大学大学院理学系研究科付属臨界実験所の三浦徹教授、ドイツのゲッティン […]

小鳥の「ことば」を解読する研究促進のため、東北大学がクラウドファンティングを開始

 東北大学生命科学研究科 脳機能発達分野・安部研究室は、小鳥の「ことば」を解読する研究促進のため、クラウドファンティング […]

世界最寒地に住むニホンザル、厳冬期の主食が「水生生物」と判明 世界初

 上高地のニホンザルが厳冬期に水生昆虫や魚類を捕食し、河川に生息する水生生物を餌資源として依存していることが明らかとなっ […]

暗闇を泳いで魚を追跡 世界初の手法で夜行性魚類の回遊生態を東京大学が解明

 東京大学の小枝圭太特任助教らの研究グループは、魚に光るタグを付けて暗闇の中を泳いで追跡する世界初の手法により、夜行性魚 […]

ドーパミン欠乏で人やマウス・線虫に同じ運動障害、大阪大学などが発見

 大阪大学、同志社大学、名古屋市立大学、岡山大学の共同研究グループは、異なる種の移動行動データを統合的に分析できる人工知 […]

「カマキリの雪予想」は間違い 弘前大学の安藤喜一名誉教授が研究成果を出版

 弘前大学の安藤喜一名誉教授がカマキリの雪予想を間違いだと科学的に証明した書籍「SCIENCE WATCH カマキリに学 […]

キノコはエサの遅配で引っ越しを決断する、東北大学が発見

 東北大学大学院農学研究科の深澤遊助教らの研究グループは、菌類の菌糸体が新しくエサを与えられるタイミングによって行動を変 […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 16