疼痛の記事一覧

痛みの性質、強度、部位が慢性腰痛患者の筋活動分布を変化させる 畿央大学

 畿央大学ニューロリハビリテーション研究センターの重藤隼人客員研究員らのグループは、痛みの性質によって、その痛みの強度・ […]

恐怖文脈により「偽物の腕」でも身体所有感が増し、痛みも増幅 畿央大学

 恐怖を生じさせる言語情報を与えられると、偽物の手に対しても主観的な身体所有感が増加するとともに、その増加の程度が大きい […]

長期理学療法と有酸素運動が神経障害性疼痛の痛みを軽減 畿央大学

 畿央大学ニューロリハビリテーション研究センターの佐藤剛介客員准教授ら は、長期間の理学療法(有酸素運動)が脊髄損傷後の […]

痛み強度と中枢性感作関連症状が相関しない特徴的な患者群の存在を確認 畿央大学

 痛みは、ときに組織や神経の損傷の程度から予想されるよりも広い範囲で強く生じたり、疲れやすさや不眠、記憶力の低下、気分の […]

経頭蓋直流電気刺激と有酸素運動の併用で鎮痛効果が促進 畿央大学

 経頭蓋直流電気刺激(Transcranial direct current stimulation:tDCS)と有酸素 […]

熱・痛みを感じるタンパク質の1分子内部運動、実時間計測に成功

 東京大学、産業技術総合研究所、筑波大学の研究グループは、熱や痛みの伝達を司るTRPチャネルの1分子内部運動を、マイクロ […]

痛みが予測通りに回復するかどうかに中枢性感作症候群の変化が関与 畿央大学

 畿央大学大学院博士後期課程の重藤隼人氏と森岡周教授らの研究グループは、痛みの回復に「中枢性感作症候群の変化」が影響する […]