皮膚の記事一覧

皮膚の感覚神経がメラニン産生を促進、シミ形成に影響 東京大学とポーラが解明

 東京大学生産技術研究所の池内与志穂准教授、周小余特任研究員らとポーラ化成工業株式会社の合同チームは、感覚神経と色素細胞 […]

温泉入浴で冬の肌荒れ改善、山口大学がカピバラで実証

 山口大学大学院共同獣医学研究科の井中賢吾大学院生、木村透教授らは、カピバラを使って温泉入浴で冬の肌荒れが改善されること […]

“敏感肌”の異常な皮膚感覚、防腐剤や大気汚染物質で神経が過敏に変化か

 順天堂大学と株式会社ファンケルの共同研究チームは、防腐剤や大気汚染物質が皮膚の感覚異常(ピリピリ、チクチクした刺激やか […]

血管密度が高いほど、シミは改善しにくい 資生堂と東京女子医科大学が発見

 資生堂と東京女子医科大学の根岸圭医師との共同研究において、肌内部の血管を3次元で観察する資生堂の独自技術を活用し、シミ […]

蕁麻疹でみられる多様な形の膨疹を数理モデルで再現 広島大学

 蕁麻疹では、その病型や個々の患者さんによって、様々な形や大きさの発疹(膨疹)が現れる。皮膚の発赤を伴う腫れが短時間のう […]

肌本来のセラミド産生機能を向上、富山大学など新たな化粧品素材を開発

 肌セラミド量を増加させる化粧品素材を、富山大学、株式会社伏見製薬所、公益財団法人かがわ産業支援財団らのグループが開発し […]

皮膚ガスをリアルタイムに「見える化」 東京医科歯科大学が開発

 皮膚から放出される「極めて微量な血中由来の揮発性成分」を検知し、濃度分布をリアルタイムに画像化する装置を、東京医科歯科 […]

九州大学、アトピー性皮膚炎の「痒み感覚」伝達に関与する物質を発見

 アトピー性皮膚炎の主要な痒み惹起物質であるIL-31が、ニューロキニンBという物質を介して脳に痒みの感覚を伝えることを […]

ステロイドに代わる新薬開発へ、京都大学が皮膚炎発症にはたらく酵素を発見

 京都大学の研究グループは、p38-MAPキナーゼという酵素のはたらきを抑えることが、あらたな外用薬の開発につながること […]

東京医科歯科大学、皮膚の若さの維持と老化のメカニズムを解明

 東京医科歯科大学難治疾患研究所の西村栄美教授、松村寛行助教、劉楠氏らの研究グループは、加齢によって皮膚の幹細胞競合が弱 […]
  1. 1
  2. 2