肥満の記事一覧

脂肪細胞のストレス適応反応で高脂肪食への食欲が減退、肥満を改善する効果

 徳島大学と理化学研究所の研究チームは、脂肪細胞における統合的ストレス応答経路の活性化が、高脂肪食を抑制することで、肥満 […]

脳内で欠損させると過食と肥満を引き起こすタンパク質 沖縄科学技術大学院大学が発見

 沖縄科学技術大学院大学のチームの研究により、「XRN1」というタンパク質が食欲や肥満の調節に関与していることがわかった […]

新型コロナ感染症で重症化しやすい要因は 北里大学が全米の診療データから解析

 北里大学薬学部の安藤航助教、堀井剛史助教、メディカルセンター研究部門の植松崇之室長補佐らの研究チームが、新型コロナウイ […]

食べると脂肪燃焼量が上昇 「太りにくいマフィン」開発 城西大学

 城西大学薬学部薬科学科 栄養生理学研究室の矢島克彦助教は、不飽和脂肪酸の比率を高めた脂質を含む「太りにくい」オリジナル […]

高脂肪食による肥満が薄毛・脱毛を促進 東京医科歯科大学などメカニズムを解明

 東京医科歯科大学の西村栄美教授(東京大学教授兼任)と森永浩伸プロジェクト助教らのチームは、ミシガン大学や東京理科大学な […]

膨らんだ細胞を縮めて一定の大きさに保つ仕組みを解明 福岡大学など

 福岡大学医学部の沼田朋大講師と生理学研究所の岡田泰伸名誉教授らの研究グループは、膨張した細胞の大きさを一定に保つメカニ […]

夕食を欠かすと肥満リスク増加、大阪大学が2万6千人の学生を追跡調査

 朝食を毎日食べないと肥満リスクが上がることが知られているが、夕食を欠かしがちだと同様に肥満リスクが高まることが、大阪大 […]

日中に烏龍茶を飲むと睡眠時の脂肪燃焼が促進される、筑波大学が検証

 筑波大学の徳山薫平教授らの研究グループは、烏龍茶やカフェイン飲料を2週間朝昼2回飲んだ場合、睡眠を妨げずに1日の脂肪燃 […]

女性の肥満に親からの虐待経験などが影響、神戸大学が解明

 神戸大学大学院の田守義和特命教授らの研究グループは、肥満の原因として女性の場合に、現在の個人の社会経済的な状況の他、子 […]

腸内細菌が食事による肥満を防ぐ 東京農工大学などが解明

 東京農工大学の木村郁夫教授らの研究グループは、腸内細菌が代謝により食用油中の多価不飽和脂肪酸を新たな脂肪酸「HYA」に […]
  1. 1
  2. 2