肥満の記事一覧

睡眠時無呼吸患者への遠隔モニタリングによる減量支援、京都大学などが有用性実証

 京都大学大学院と日本大学を中心とする共同研究チームは、閉塞性睡眠時無呼吸治療に用いる遠隔モニタリングにおいて、患者の肥 […]

45歳未満の女性の肥満は乳がんのリスクが低い、東京大学が調査

 東京大学大学院の小西孝明氏(医学博士課程)らの研究グループは、国内の45歳未満の女性約80万人のデータを解析した結果、 […]

心理学:多くの成人が自分のBMIと体サイズを正しく認知していない

Psychology: Many adults inaccurately perceive their own BMI […]

脂肪細胞のストレス適応反応で高脂肪食への食欲が減退、肥満を改善する効果

 徳島大学と理化学研究所の研究チームは、脂肪細胞における統合的ストレス応答経路の活性化が、高脂肪食を抑制することで、肥満 […]

脳内で欠損させると過食と肥満を引き起こすタンパク質 沖縄科学技術大学院大学が発見

 沖縄科学技術大学院大学のチームの研究により、「XRN1」というタンパク質が食欲や肥満の調節に関与していることがわかった […]

新型コロナ感染症で重症化しやすい要因は 北里大学が全米の診療データから解析

 北里大学薬学部の安藤航助教、堀井剛史助教、メディカルセンター研究部門の植松崇之室長補佐らの研究チームが、新型コロナウイ […]

食べると脂肪燃焼量が上昇 「太りにくいマフィン」開発 城西大学

 城西大学薬学部薬科学科 栄養生理学研究室の矢島克彦助教は、不飽和脂肪酸の比率を高めた脂質を含む「太りにくい」オリジナル […]

高脂肪食による肥満が薄毛・脱毛を促進 東京医科歯科大学などメカニズムを解明

 東京医科歯科大学の西村栄美教授(東京大学教授兼任)と森永浩伸プロジェクト助教らのチームは、ミシガン大学や東京理科大学な […]

膨らんだ細胞を縮めて一定の大きさに保つ仕組みを解明 福岡大学など

 福岡大学医学部の沼田朋大講師と生理学研究所の岡田泰伸名誉教授らの研究グループは、膨張した細胞の大きさを一定に保つメカニ […]

夕食を欠かすと肥満リスク増加、大阪大学が2万6千人の学生を追跡調査

 朝食を毎日食べないと肥満リスクが上がることが知られているが、夕食を欠かしがちだと同様に肥満リスクが高まることが、大阪大 […]
  1. 1
  2. 2