脳卒中の記事一覧

動摩擦情報をフィードバックするリハビリ装置が手の感覚運動機能障害を改善 畿央大学

 畿央大学理学療法学科4年生の淡路彩夏さん、同大学の渕上健客員研究員と森岡周教授らは、脳卒中後、感覚運動機能障害により上 […]

亜急性期脳卒中患者の麻痺側上肢の使用頻度の傾向、畿央大学などが分析

畿央大学と岸和田リハビリテーション病院の研究グループは、上肢麻痺の評価であるFMAとMALに関し、FMAの上肢項目(FM […]

下肢に着目した運動の随意性や運動単位の変化を反映した評価の新しい試み 関西医療大学

 脳卒中患者の特徴である痙縮は随意性が低下することで様々な日常生活の妨げとなり日常生活動作を大きく阻害する。実際に、痙縮 […]

世界初、AIロボットによるリハビリテーションで脳卒中後の麻痺手の機能が改善 順天堂大学

 順天堂大学大学院医学研究科リハビリテーション医学の藤原俊之教授らの研究グループは、株式会社メルティンMMIとの共同研究 […]

脳卒中患者が不整地を歩くときの特徴を、畿央大学が初めて解明

 畿央大学大学院博士後期課程の乾康浩氏と森岡周教授らは、予測困難な摂動が生じる不整地での脳卒中患者の歩行の特徴を明らかに […]

脳卒中患者の感じる「人間らしい歩き方」は歩行速度と相関 畿央大学

 畿央大学ニューロリハビリテーション研究センターの林田一輝客員研究員と 森岡周教授らの研究で、脳卒中患者が歩行中に感じる […]

脳卒中後運動障害で自他帰属に大きなエラー 予測誤差と運動主体感の関係性が変容か

 畿央大学大学院博士後期課程修了生の宮脇裕氏(現・国立研究開発法人産業技術総合研究所人間拡張研究センター)と森岡周教授お […]

脳卒中患者の歩行の時間的非対称性を改善すると筋シナジーにも影響 畿央大学

 畿央大学大学院博士後期課程の水田直道氏と森岡周教授らは、脳卒中患者の歩行時における時間的非対称性が筋シナジーと関連する […]

脳卒中患者の「筋シナジー」の異常パターンと歩行特性との関連を解明 畿央大学

 畿央大学大学院博士後期課程の水田直道氏と森岡周教授らは、脳卒中患者の歩行時における筋シナジーの異常パターンから3つのサ […]

脳卒中患者の痙縮の指標となる新たな評価の第一歩

 脳卒中などによって、痙縮という症状から手足の随意性が低下し生活に支障をきたすことがある。この痙縮を神経生理学的に評価す […]
  1. 1
  2. 2