脳科学の記事一覧

レム睡眠に大きく低下 脳内の細胞エネルギーに予想を覆す発見

 東京都医学総合研究所の夏堀晃世主席研究員と本多真副参事研究員は、東北大学、慶應義塾大学と共同で、生 […]

大脳皮質運動野への光刺激でサルの手を動かすことに成功

 自然科学研究機構生理学研究所と東北大学の研究チームは、光によって神経細胞を制御する技術(オプトジェ […]

海馬でわずかに再生する神経細胞が、レム睡眠中に記憶を定着させる

 筑波大学、東京大学の共同研究チームは、大人の脳内で再生するわずかな神経細胞(新生ニューロン)が、レ […]

東京大学、世界初の脳科学的英語トレーニングアプリ研究開始

 東京大学大学院総合文化研究科の酒井邦嘉教授とIT企業のグローバルビジョンテクノロジーは、世界で初め […]

興奮や緊張を制御してパフォーマンス向上 脳内メカニズムを解明

 人間が興奮や緊張を乗り越え、課題パフォーマンスを向上させるために、腹内側前頭前野が感情の中枢である […]

絶対音感の音楽家、ドレミの音を言語処理? 新潟大学調査

絶対音感(※1)を持つ音楽家が「ド」の音を聞く際、脳の活動が言語処理に近いことを、新潟大学脳研究所統 […]

無意識でも食物画像に反応して活動する脳内メカニズムを解明

 京都大学こころの未来研究センターの佐藤弥特定准教授らのグループは、呈示された食物画像に対する脳活動 […]

大脳の領域同士の「つながり」を人工神経組織で再現 東京大学

 大脳は、運動制御、言語処理、視覚情報処理などといった機能ごとに、異なる領域に分かれている。遠い領域 […]

どちらの選択肢の価値が高いか?比較をしている脳部位を解明 筑波大学

 筑波大学の研究グループは、「どちらの選択肢がより価値が高いか」という選択行動に関わる処理が、脳の眼 […]

ヒトには地磁気に対する感受性がある、東京大学とカリフォルニア工科大学が発見

 カリフォルニア工科大学のカーシュビンク教授と下條教授、東京大学の眞溪准教授らの国際共同研究チームは […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 9