腰痛の記事一覧

腰痛患者の運動恐怖が改善しても運動制御障害は残存傾向 畿央大学

 畿央大学の研究チームは、慢性腰痛を有する患者に、患者教育と運動指導を用いた介入を実施し、運動恐怖が改善したとしても、運 […]

腰痛就労者の体幹運動制御障害の要因は「恐怖心」、畿央大学が解明

 畿央大学大学院の藤井廉氏(博士後期課程)と森岡周教授らは、腰痛を有する就労者を対象に作業動作中の体幹の運動パターンと痛 […]

スマートチェアで仕事中の腰痛悪化予報、東北大学がAI技術で可能に

 東北大学大学院の永富良一教授らのグループは、荷重センサーを装着したオフィスチェア(スマートチェア)を利用して、実際にオ […]

過去に感じた痛みへの恐怖から、腰痛持ちの就労者は重量物の持ち上げ動作が緩慢になる

 腰痛を有する就労者の体幹の運動異常は、動作中の痛みではなく、過去の痛み経験に基づく運動恐怖が原因となって生じることを、 […]

慢性腰痛患者の体幹制御異常、日常生活環境でより顕著に 畿央大学

 畿央大学大学院博士後期課程の西祐樹氏と同学の森岡周教授らは、慢性腰痛患者では歩行時の体幹の変動性や安定性が異常になるこ […]

慢性腰痛患者の能力障害に、筋活動異常と疼痛関連因子が複合的に影響 畿央大学

 慢性腰痛患者には、「屈曲弛緩現象の低下」という特徴的な筋活動異常がみられる。これは、立位でおじぎの姿勢を保持した時に腰 […]

慢性腰痛患者の筋活動異常の改善と疼痛関連因子の改善に経時的な関連性を発見

 慢性腰痛患者に特徴的な筋活動として、立位で体幹を屈曲(おじぎ)した時に、完全屈曲位(おじぎをした姿勢)で背筋群が弛緩す […]