自動車の記事一覧

早稲田大学が東京都と基本協定を締結 燃料電池ごみ収集車の開発・試験運用を目指す

 2020年6月25日、早稲田大学は東京都及び港区との間で包括的な協定を締結した。港区において、20 […]

世界最高水準のガソリンエンジン熱効率52%、東京工業大学と慶應義塾大学が達成

 東京工業大学と慶應義塾大学の研究グループは、空気過剰率を上げた超希薄燃焼ガソリンエンジンに筒内水噴 […]

埼玉工業大学、自動運転バス開発で国内トップクラスの活動実績残す

 埼玉工業大学は、同大学学長直轄の自動運転技術研究組織「自動運転技術開発センター」の2019年度の活 […]

埼玉工業大学、自動運転スクールバスを運行開始 時速40kmで公道走行

 2019年12月23日より、埼玉工業大学はスクールバスの自動運転の導入に向け、公道による実証実験を […]

「熱電材料」の欠点克服、東京都市大学が新たな合成法を開発

 東京都市大学の丸山恵史講師は、温度差を利用して発電できる熱電材料に使用可能な「炭化ホウ素」を、従来 […]

交通安全・環境フェアで次世代自動運転車を展示 埼玉工業大学

 2019年11月9日(土)、埼玉スタジアム2002東駐車場で埼玉県内最大級の交通安全体験イベント「 […]

走行中の車両に道路からワイヤレス給電、東京大学など開発

 東京大学大学院新領域創成科学研究科の藤本博志准教授らの研究グループは、ブリヂストン、日本精工、ロー […]

埼玉工業大学の自動運転バスが公道で体験試乗会実施

 2019年9月29日、埼玉工業大学は、埼玉県・本庄市の上越・北陸新幹線・本庄早稲田駅前の一般の公道 […]

自動車やビルの窓を重さ10分の1・硬さ3倍に 新しい薄膜材料を中部大学が開発

 中部大学の多賀康訓特任教授らは、自動車やビルの窓を10分の1近くまで軽くできる新しい薄膜材料を開発 […]

埼玉工業大学が「自動運転バス」を開発 市街地の一般公道で走行目指す

 埼玉工業大学は、私立大学初となる一般の公道を走行可能な自動運転バスの開発に着手し、2019年8月1 […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 6