運動の記事一覧

新型コロナ流行により子どもはバランス能力が低下しやすい、名古屋大学が調査

 名古屋大学大学院の杉浦英志教授らの研究グループは、新型コロナウイルス流行前と流行中に子どもの運動器健診で縦断調査を実施 […]

痛みの性質、強度、部位が慢性腰痛患者の筋活動分布を変化させる 畿央大学

 畿央大学ニューロリハビリテーション研究センターの重藤隼人客員研究員らのグループは、痛みの性質によって、その痛みの強度・ […]

着圧サポーターは運動後の筋力回復を促進しない、東北大学などが解析

 東北大学大学院医工学研究科のネギヤシ ヤノシュ特任助教、永富良一教授らの国際研究グループ※は、トレーニング中またはトレ […]

日常的身体活動と運動習慣がパーキンソン病の進行を長期的に抑制 京都大学

 日本でも15~20万人の患者がいるとされるパーキンソン病では、数々の症状を改善するための対症療法は存在するものの、疾患 […]

運動3カ月で高齢者の脳皮質が増し認知機能が向上、京都大学が報告

 京都大学大学院の積山薫教授らの研究グループは、3カ月間の運動介入により高齢者の認知機能が向上し、脳の構造(皮質容積や皮 […]

音楽に合わせた運動で小学生の学力向上、筑波大学など解明

 音楽に合わせた運動を実施すると、小学生の学力が向上することが、国立成育医療研究センターの竹原健二政策科学研究部長、青木 […]

運動中は寒さを感じにくくなる 温度感覚の鈍化による低体温症に注意

 運動中は体温が低下しても“寒い”という感覚を感じにくくなることが、筑波大学と新潟医療福祉大学のグループの研究でわかった […]

12歳までの運動経験が後年の認知機能を高める、玉川大学と神戸大学が解明

 玉川大学脳科学研究所の松田哲也教授、神戸大学大学院の石原暢助教らは、幼少期における運動経験が後年の認知機能の維持・増進 […]

順天堂大学スポーツ健康科学部、コロナ禍の大学生の体力・生活の変化を調査

 順天堂大学スポーツ健康科学部では、コロナ禍の2020年10月、同学部に在籍する1年生を対象に体格・体力測定、1~4年生 […]

ロボットでもCGでも、複数からほめられると運動機能習得を促進 筑波大学など証明

 人は運動トレーニングを行ったときにほめられると運動技能を効率的に習得するといわれるが、その際にロボットやCGキャラクタ […]
  1. 1
  2. 2