日本と東南アジアを中心としたグローバルな産学官連携を目指すアライアンスであるGTIコンソーシアム(英文名: Global Technology Initiative Consortium)は、2021年12月9日(木)、「GTIコンソーシアムシンポジウム2021」をオンラインで開催する。共催は芝浦工業大学教育イノベーション推進センター。

 GTIコンソーシアムは、2015年12月の発足。国内外の産学官が連携し、実践的な教育を提供することで、理工学教育の質を向上させること等を目的に、現在9の政府行政機関、37の国内外の大学、175の企業等が会員となっている。

 今回のシンポジウムでは「産学官連携による人材育成の取り組み」をテーマに掲げる。産学官連携に積極的で、GTIコンソーシアム加盟機関との連携も希望しているスラバヤ工科大学(インドネシア)が「スラバヤ工科大学における産学官連携」が基調講演を行う。また事例紹介として、産学官連携で社会課題の解決に取り組んだグローバルPBL、大学プログラムへの社会人の参加、大学間連携のグッドプラクティスについての報告など、今後のさらなる活動の活性化へつなげていく。使用言語は日本語と英語で、同時通訳あり。

 参加申し込みは、専用フォームから。申込み後、メールにてURLを送付する。

参考:【GTIコンソーシアム】GTIコンソーシアムシンポジウム2021開催のお知らせ<12月9日(木)

芝浦工業大学

輝き続ける学び、世界で活躍するエンジニアの育成

芝浦工業大学は、「社会に学び社会に貢献する技術者の育成」を建学の精神に4学部16学科3キャンパス、幅広い学びのフィールドと最新の研究設備を有し、グローバル水準の教育レベルを維持するため、アウトカムズ評価を含めた教育の質保証に取り組んでいます。国際社会で輝き続け[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。