世界最高水準の教育・研究を目指す国立大学法人を指定する指定国立大学法人に九州大学が追加された。東京大学や京都大学などに続く全国10校目の指定で、九州大学は新たな社会・経済システムを創出するイノベーション・エコシステムの中核となり、総合知で社会変革を牽引するとしている。

 文部科学省によると、今回の指定については4~5月に公募があり、九州大学が申請していた。外国人を含む外部有識者で構成する国立大学法人評価委員会で申請内容を審査するとともに、現地調査した結果、指定に該当すると判断した。これを受け、末松信介文部科学相が指定した。

 指定国立大学法人は大学教育水準の著しい向上とイノベーションの創出を目指し、世界最高水準の教育・研究が見込まれる国立大学法人を文科相が指定する制度で、これまでに東京大学、京都大学、東北大学など計9校が指定されている。

 九州大学は2020年度に筑波大学、東京医科歯科大学とともに申請していたが、自らの強みと弱みの分析が不十分で、現在の潜在能力を十分に生かした計画ができていないなどとして認められなかった。

 このため、計画を練り直すなどして再申請したもので、石橋達朗総長は「本学の強みを生かした脱炭素、医療・健康、環境・食料における課題解決や、デジタルトランスフォーメーションによる教育・研究・医療の高度化を進めたい」とのコメントを発表した。

参考:【文部科学省】第4期中期目標期間における指定国立大学法人の指定について
【九州大学】「指定国立大学法人」の指定について

九州大学

未来を切り拓く「総合知」を生み出し、社会変革を牽引する大学

今年111周年を迎えた九州大学は、12学部19学府を擁する基幹総合大学。世界最高水準の卓越した教育研究活動を展開し国際的な拠点となり得る「指定国立大学法人」として指定を受けました。これまで培い蓄積した人文社会学系から自然科学系、さらにはデザイン系の「知」を組み[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。