皮膚のダメージはしばしばQOL(生活の質)に大きな影響を及ぼすが、組織や臓器の再生能力が低いヒトでは、真皮を含む皮膚全層が大きく失われた場合、損傷した部位の皮膚の肌理(きめ)や付属器(汗腺や脂腺)、色合いが完全には回復せず、コラーゲンを主体とした線維性組織に置き換わってしまう。この線維性組織(瘢痕)はいわゆる“傷あと”として認識され、皮膚再生治療(無瘢痕治癒)研究における大きな課題となっている。

 そこで、筑波大学、慶應義塾大学、信州大学、日本歯科大学、宇都宮大学からなる研究グループは、さまざまな臓器を生涯にわたり何度でも完全再生できるとされるイモリに着目し、イモリの皮膚再生過程を詳細に調査した。

 その結果、イモリは、体のさまざまな部位で、皮膚全層を切除しても瘢痕のない皮膚をほぼ完全に再生できることがわかった。この再生過程をヒトと比較してみると、イモリでは傷口の再表皮化がヒトよりも素早く完了しており、炎症反応が低く抑えられ、肉芽組織(治癒過程にみられる線維性結合組織)の形成が抑制されていた。

 また、ヒトでは、皮膚の切断端に局在する表皮幹細胞が激しく分裂することで傷口を閉じる表皮を形成するのに対し、イモリは傷周囲の表皮幹細胞の分裂頻度をほとんど高めることなく、その周囲の広範な領域の皮膚で、表皮幹細胞の分裂頻度を約2倍に高めていた。傷周囲の表皮に新たな細胞が付加されることで、増加分が傷口に押し出されていき、傷口を素早く閉じることができるという。肉芽形成の結果生じる線維化は、瘢痕が残る原因であると考えられていることから、イモリのユニークな再表皮化原理が、瘢痕化の回避につながっている可能性がある。

 唯一、イモリの腹の色模様については完全に回復できなかったというが、ヒトにはイモリのような色模様はないため、イモリの再生メカニズムはヒトの医療においても十分に有用と考えられるとしている。

論文情報:【Biomedicines】Skin Wound Healing of the Adult Newt, Cynops pyrrhogaster: A Unique Re-Epithelialization and Scarless Model

筑波大学

学際融合・国際化への挑戦を続け、知性と人間性を備えた人材を育成

学問文化の薫り高い国際都市、筑波サイエンス・シティの中核となる緑あふれる筑波大学。現在の教育体制は9学群・23学類、全ての分野から専門導入的な科目を履修することができ、創造的な知性と豊かな人間性を備えることをめざしています。師魂理才をもって、地球規模課題の解決[…]

宇都宮大学

宇大スピリット=「3C精神」で未来を切り拓く

宇都宮大学は、明るい未来を開拓するために「Challenge」=主体的に挑戦し、「Change」=時代の変化に対応して自らを変え、さらに「Contribution」=広く社会に貢献するという意味を込めた言葉、宇大スピリット=「3C精神」を大切にしています。現在[…]

信州大学

地域社会、グローバル社会における豊かな人間力と実践力のある人材を育成

信州大学は、長野県内に5つのキャンパスを擁する、広域型キャンパス型の総合大学。人文学、教育学、経法学、理学、医学、工学、農学、繊維学の8学部で構成され、幅広い教養と基礎的能力を修得する教育や研究を行っています。学部を越えた共通教育や、自然豊かな信州の地域性を活[…]

慶應義塾大学
日本歯科大学

100年以上の伝統を誇る「歯科界の源流」で学ぶ

歯科医学の総合的大学として、2つの歯学部<生命歯学部(東京)/新潟生命歯学部>を有する、唯一の歯科大学。創立以来建学の精神を「自主独立」、学校の目的を「学・技両全にして人格高尚なる歯科医師の養成」と定め、110年を超える年月において脈々と継承している。命と人々[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。