京都橘大学経営学部の木下達文教授ゼミでは、4回生15名が京都伏見の御朱印帳販売店「麗聲堂(れいせいどう)」と連携し、オリジナルの御朱印帳とガイドブックを製作。すべて学生の手作りで一つひとつデザインが異なる。2022年1月12日から同大学の生協で発売を開始した。

 今回の取り組みは、2020年初夏に発足した学生主体の共同研究プロジェクト「tachibana GOSHUIN project」によるもの。「京都の文化や魅力をもっと伝えたい」という学生の想いから、御朱印巡りをしたことのない初心者でもガイドブックを見ながら京都観光を楽しめるツールとして企画した。

 御朱印帳は、麗聲堂協力のもと、学生の手作りでデザインの異なるものを一つひとつ製本した。ガイドブックは、学生が実際に現地調査をして、定番コースや映画の聖地巡礼コースなどの京都観光を楽しめるモデルコースを掲載。京都の魅力が味わえるものになっている。

参考:【京都橘大学】~京都観光をより楽しめる、世界に一つだけの学生オリジナル商品~「御朱印帳とガイドブック」完成発表会開催(PDF)

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。