東京都市大学、TIS株式会社、岡山理科大学、工学院大学は、コミュニケーションツールが自己開示に及ぼす影響について検証・考察を行い、ビデオチャットよりもVRアバターの方が自己開示を促すことを明らかにした。

 自分のことをありのままに伝える自己開示は、親密な対人関係の構築・維持に重要だ。一方、持続可能な開発目標(SDGs)や新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の観点から、オンラインコミュニケーションツールが注目されている。コミュニケーションツールが伝える外見や振る舞い(視線・表情・ジェスチャなど)などの社会的手がかりが少ない方が、自己開示が促されるとされる。

 今回、一般募集した20~59歳の男女54ペア(108人)のユーザーを対象に、「ビデオチャット」、「外見がユーザーと類似しているVRアバター」、「外見がユーザーと類似していないVRアバター」の3つのコミュニケーションツールを用いて、ユーザーの発話内容の自己開示度合いや韻律的特徴量を評価。その結果、ビデオチャットよりもVRアバターを介した方がユーザーは自己を開示することが分かった。

 さらに、ユーザーはVRアバターを介すと、ビデオを介した場合よりも自己を開示するが、ユーザー自身の認識には違いを認めなかった。これは、VRアバターを介すと、ユーザーはそのことに特段意識せずに自己を開示し得ることを意味し、人の率直な思考や感情を理解したい局面でのVRアバターの有用性を示唆する。

 今回の研究成果により、今後、カウンセリングや1on1ミーティング、マッチングなど新たなVRソーシャルアプリケーションの設計に役立つことが期待されるとしている。

参考:【東京都市大学】オンラインコミュニケーションツールを比較し、自己開示の効果を検証 ―VRアバターはビデオチャットよりも素の自分をさらけ出す。―

工学院大学

伝承を継承しつつ、さらなる進化を続ける大学

2011年の日本初の「建築学部」開設を皮切りに、2015年「先進工学部」創設、2016年「情報学部が従来の2学科体制から4学科体制に、そして、2017年4月には伝統の工学部に「電気電子工学科※」誕生と、常に時代に即した改革を続けています。さらに、八王子キャンパ[…]

東京都市大学

理工系DNAを持つ総合大学。時代と社会が求める「未来を変える」学びが始動

創立90年を超える東京都市大学は、2キャンパス7学部17学科を擁し、理工系から人文・社会科学系に至る多彩な専門性を備えた独自の教育システムを展開。関連分野では相互に連携しながら教育・研究を進めています。専門の学習・研究に直結した実践的なプログラムとして、国内外[…]

岡山理科大学

サイエンスへの興味と探究心が集結した文理総合大学

岡山県岡山市と愛媛県今治市の2キャンパスに7学部21学科1コース4研究科を有し、理学や工学、生物地球学、経営学など、幅広い分野の「知」が集結している岡山理科大学。豊かな学識と卓上した研究能力を持つ教授軍陣が、独創的かつ先端的な研究・開発に取り組み知見を深め、多[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。