帝京大学と近畿大学は、2017年8月21日から28日までの8日間、ベトナム・ホーチミン市で、産学共同による海外インターンシップを実施する。帝京大学と近畿大学が共同で海外インターンシップを実施するのは今回が初。

 帝京大学と近畿大学の合同インターンシップは、言葉や文化の異なる海外でのインターンシップを通じて、課題解決能力とコミュニケーション能力を身につけることを目的とするもの。学生らはベトナムにおける日本の製薬会社の芳香剤シェア拡大と市場開拓のミッションに挑む。

 ベトナムでの芳香剤市場は、ブランド力のある欧米メーカーと低価格の現地メーカーが多くのシェアを占めており、今回インターンシップを実施する日本の某製薬会社の製品シェアは5%未満、メーカー知名度は10%未満の状態であり、ベトナムでのシェアの拡大が課題となっている。

 そこで、インターンシップ参加の帝京大学の学生(16人)と近畿大学の学生(15人)に「ベトナム市場に芳香剤を売り込め!」というミッションを与え、現地のオープン大学の学生と協力して課題解決に取り組む。学生らは市場の視察やアンケート調査などのリサーチ活動を行い、マーケティング戦略を立案。帰国後には、これから海外での仕事やインターンシップを考えている学生を対象に報告会を行う予定。

近畿大学

日本最大規模の総合大学で真の「実学」を極める。多彩な才能を開花

近畿大学は、医学部から文芸学部、さらには通信教育部などを開設し、すべての学部で「実学教育」を実践。多くの産学連携プロジェクトを推進し、分野を超えた専門知識や技能を組み合わせて、教員と学生が一体となり、現代の様々な課題を解決へ導く知識や技術を身につけています。2[…]

帝京大学

一人ひとりの才能を開花させ、「自分流」の未来を切り拓く

5つのキャンパス(板橋、八王子、宇都宮、福岡、霞ヶ関)に文系・理工系・医療系の10学部32学科、幅広いフィールドを擁する総合大学。帝京大学には、学生一人ひとりの才能を開花させ、「自分流」の未来を見つける環境があります。実践を通して論理的な思考を身につける「実学[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。