東洋学園大学は、中高生が書いたキャッチコピー展「TOGAKUコピージアム」を開催する。「第6回宣伝会議賞(中高生部門)※」において、“東洋学園大学の魅力を伝えるキャッチコピー”を募集した際の受賞作品と評価の高かった作品25点を2022年7月4日(月)から8月31日(水)までキャンパス内に展示し、オープンキャンパス来場者に公開する。

 「TOGAKUコピージアム」(コピーとミュージアムを合わせた造語)は、中高生の作品を紹介する東洋学園大学のキャッチコピー展。2021年に実施された「第6回宣伝会議賞(中高生部門)」で、“あなたが学長になったとして、中高生に東洋学園大学の魅力を伝えるアイデア”というテーマで募集したキャッチコピーの中から、受賞作品と評価の高かった作品25点を展示する。

 1号館1階エントランスホールに大きく展示するのは、協賛企業賞(最優秀作品)を受賞した井上まりさん(中学2年生)の作品『自分の「すき」が武器になる。』と優秀作品4点。背面には在学生から高校生に向けた手書きメッセージが書かれている。そのほか、評価の高かったキャッチコピー20点は、窓や壁面、天井などに展示し、期間中は1号館の1~5階全体が“コピージアム”になる。

 今回の企画は、在学生が同世代の考えたキャッチコピーにふれることで、言葉が持つ力を感じたり、表現方法を学んだり、新たな視点に気づく機会となることがねらい。また、宣伝会議賞に応募した中高生をはじめ、今夏、オープンキャンパスで東洋学園大学を訪れる高校生やその保護者に東洋学園大学の特長や魅力、理念を理解してもらい、在学生に対してもそれらを再認識してもらう機会とする。

※宣伝会議賞は、月刊「宣伝会議」が主催する広告表現のアイデアをキャッチフレーズまたはCM企画という形で応募いただく公募広告賞。

参考:【東洋学園大学同世代の作品から言葉が持つ力を感じ、学ぶ機会を提供 中高生が書いたキャッチコピー展「TOGAKU コピージアム」2022年7月4日(月)~8月31日(水)オープンキャンパス来場者向けに開催(PDF)

東洋学園大学

リベラルアーツ教育で激動の時代をたくましく生き抜く力を養成

90年余の歴史を有する東洋学園大学は、長年に渡って英語教育や教養教育をはじめとしたリベラルアーツに力を注いできました。その伝統を受け継ぎ、「国際人を育てる大学」として、グローバル化する時代の変化の波に乗ってゆける人材を育成しています。3学部(グローバル・コミュ[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。