ラットが目をかく際の利き足が右の後足であることを、岡山大学学術研究院自然科学学域の坂本浩隆准教授、奈良女子大学研究院生活環境科学系の高浪景子准教授らの研究グループが突き止めた。さらに顔面のかゆみが延髄に存在するガストリン放出ペプチド(※1)という神経ペプチドとその受容体によって伝達されていることも分かった。

 岡山大学によると、研究グループは刺激がかゆみとして伝達されることが知られているヒスタミンをラットの目に投与し、その後60分間の後足によるひっかき回数と時間を計測した。その結果、主に目をかくのが右の後足で、げっ歯類に利き足が存在することを見つけた。

 さらに、延髄にあるガストリン放出ペプチド受容体を発現させる神経細胞を取り除いたラットは、取り除かなかったラットに比べてひっかき回数が少ないことが分かった。研究グループは目のかゆみを脳が認知するのに、延髄のガストリン放出ペプチド受容体が関係しているとみている。

 身体のかゆみは脊髄知覚神経系を通じて伝えられる一方、顔面のかゆみは三叉神経知覚系を介して伝達されると考えられている。げっ歯類で身体のかゆみの大部分にガストリン放出ペプチド系が関与することは先行研究から明らかになっているが、目から起きるかゆみの伝達にガストリン放出ペプチド系が関与するかどうかは、分かっていなかった。

※1 ガストリン放出ペプチド かゆみの伝達やオスの性機能など多くの生理作用に関係しているとされる

論文情報:【Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences】Footedness for scratching itchy eyes in rodents

岡山大学

グローバルに活躍できる実践人として羽ばたく環境・体制づくりを推進

創立150周年あまり、10学部8研究科4研究所を有する国立大学。高度な研究活動の成果を基礎とし、学生が主体的に“知の創成”に参画し得る能力を涵養するとともに、学生同士や教職員との密接な対話や議論を通じて、豊かな人間性を醸成できるように支援し、国内外の幅広い分野[…]

奈良女子大学

凛としてほがらかに、輝ける女性リーダーへ

奈良女子大学の前身は「奈良女子高等師範学校」で、1909年に開校されました。現在、文学部、理学部、生活環境学部、工学部の文系理系がバランス良く配置された3学部を擁し、学生個々の適性・能力を最大限に引き出し、深い学識を備え、情緒豊かで品位ある人材、さまざまな事象[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。