北海道大学の横井佐織助教、岡山大学の竹内秀明特任教授(東北大学教授併任)、基礎生物学研究所などの研究グループは、メダカが親密な異性を好むか否かをオキシトシンと呼ばれるホルモンが制御していることを明らかにした。親密な異性への好みや性差を生み出す機構の解明が期待される。

 メダカのメスには「そばにいたオス」を目で見て記憶し、そのオスの求愛を積極的に受け入れる傾向がある一方、オスは親密度に関係なくメスに求愛する。本研究では、母子関係やパートナーとの絆形成に重要な、「愛情ホルモン」として知られるオキシトシンに着目し、メダカの異性の好みに対する効果を検証した。

 ゲノム編集技術によって機能的なオキシトシンを合成できないメダカ(オキシトシン欠損メダカ)を作製し、その異性に対する好みを検証した。その結果、メスはオスに対する好みが消失し、見知らぬオスを積極的に受け入れたが、オスは三者関係(オス、オス、メス)において初対面のメスには無関心である一方、親密なメスに対してはライバルオスを追い払ってメスのそばにいる様子(配偶者防衛行動)が観察された。

 オキシトシンは、ヒトでは親密な他者に対する愛着を強める働きをするとされているが、メダカのオスでは逆に愛着を下げる方向に働くことが明らかとなった。これにより、オキシトシンが動物種や性別によって「愛情ホルモン」以外の働きを持つと考えられる。

 行動異常を示したメダカの脳ではいくつかの遺伝子の発現量に顕著な変化があった。その遺伝子はヒトにも存在したことから、メダカの基礎研究からオキシトシンが親密な他者に対する愛着を制御する仕組みや性差を生じる仕組みの解明が期待される。

論文情報:【Proceedings of the National Academy of Sciences】Sexually dimorphic role of oxytocin in medaka mate choice

この記事が気に入ったらおねがいします。

北海道大学

歴史と伝統を継承しながら広く世界に優秀な人材を求め、人類の福祉、科学、文化及び社会の発展に寄与する

「フロンティア精神」、「国際性の涵養」、「全人教育」、「実学の重視」を教育研究の理念として掲げ、全学教育・専門教育を通じて専門的知識の習得と主体的かつ総合的な人材形成を図り、全人的な教育を身につけ、国際性豊かな人材を育成します。[…]

東北大学

建学以来の伝統である「研究第一」と「門戸開放」の理念を掲げ、世界最高水準の研究・教育を創造

開学以来の「研究第一主義」の伝統、「門戸開放」の理念、「実学尊重」の精神を基に、数々の教育研究の成果を挙げてきた実績を踏まえ、これらの伝統・理念等を積極的に踏襲し、独創的な研究を基盤として高等教育を推進します。[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。