京都産業大学は2023年4月、アントレプレナー(起業家)育成プログラムをスタートさせる。文系・理系10学部、約1万5,000人の学生が一拠点に集まる特性を生かし、全学部生を対象として文理融合の人材育成を進める。

 京都産業大学によると、アントレプレナー育成プログラムでは、全学部生が受講可能な共通教育科目群にアントレプレナーシップ科目を設置し、起業に必要な基礎知識や社会課題の把握、科学技術と社会の関係などを学ぶ4つの講義とマーケット探索や企画立案を進める2つの演習を配置する。

 学生たちがさらに必要な知識を得られるようにするため、文部科学省から数理・データサイエンス・AI(人工知能)教育プログラムの認定を受けた「データ・AIと社会」、各学部で開講する起業関連の専門教育科目を推奨し、ウェブの構築やプログラミングはベネッセ・コーポレーションの「Udemy Business」を利用する。

 学生の起業活動に対しては、起業指導の実績を持つ6人の専任教員を配置し、サポートするほか、神山キャンパス内の「キッチンスペース」、「ファブスペース」、学外の「町家学びテラス西陣」などの活動拠点を利用、新たな起業活動施設も整備する。

参考:【京都産業大学】一拠点総合大学ならではの「アントレプレナー育成プログラム」を令和5年4月に始動!

京都産業大学

文理10学部18学科が集う一拠点総合大学

京都産業大学は、文系・理系合わせて10学部18学科、約15,000名がひとつのキャンパスで学ぶ総合大学です。この一拠点総合大学の利点を活かし、実社会で活きる高度な専門知識とスキルを養うとともに、学部を超えた知の交流により総合的かつ柔軟な学びを展開しています。各[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。