全国の受験生が関心を持つ大学は関東で早稲田大学、中部で名城大学が3年連続1位、近畿で関西大学が2年連続1位-。テレメール進学サイトを運営するフロムぺージ(大阪市、森兼勝志社長)の全国一斉進学調査でこんな結果が出た。

 調査は、フロムページが展開するテレメール利用者約49万人に2017年10月から2018年4月の間に調査内容を告知、4月からの進路が決まった人にウェブ上のアンケートフォームで回答を求め、居住地域別に関心を持った大学のランキングをまとめた。有効回答を寄せたのは4万5,333人。

 それによると、北海道・東北地区は前年と同じ東北大学、山形大学、北海道大学の順で地元の国立大学がトップ3を独占した。関東地区は早稲田大学、明治大学、慶應義塾大学と有名私大が前年通り上位を独占している。中部地区も前年と順位が変わらず、名城大学、名古屋大学、南山大学の順だった。

 近畿地区は関西大学、同志社大学、近畿大学の順で、前年3位の立命館大学、4位の神戸大学を抜いて近畿大学が3位に浮上した。中国・四国地区は前年通り岡山大学、広島大学の地元国立2校が1,2位を占め、3位に近畿地区の立命館大学が入っている。九州・沖縄地区は前年と同じ福岡大学、九州大学、熊本大学の順。

 広域で関心を集めたのは早稲田大学で、6地区すべてで上位20位以内に入った。東日本では明治大学、西日本では同志社大学、立命館大学が受験生に注目されている。

参考:【PR TIMES】株式会社フロムページ/全国の受験生約4万5千人が「関心を持った大学」ランキング2018

早稲田大学

研究・教育・貢献を3本柱に、「世界で輝くWASEDA」をめざし改革

早稲田大学は、「学問の独立・学問の活用・模範国民の造就」の3つの建学の理念に基づき、答えのない課題に挑む礎となる力を全学生が磨ける比類ない環境を整備。揺るぎない国際競争力を備えた世界トップクラスの大学「世界で輝くWASEDA」をめざし、「研究の早稲田」「教育の[…]

関西大学

考動力と新たな価値を創造する力で、未来を切り拓く

135年の歴史をもつ関西大学は、大学昇格、また、学是「学の実化」の提唱100周年を2022年に迎えました。専門性を深く追求、好奇心のままに知を探究、自分の学びを広げる13学部を擁する総合大学です。不確実性の高まる社会の中で困難を克服し未来を切り拓こうとする強い[…]

名城大学

社会のニーズを捉えた教育・研究を展開し、あなたのめざす未来にふさわしい学びを

多彩な9学部23学科を擁する、中部圏最大級の文理融合型総合大学です。創立初期から続く法学部や理工学部、農学部などのほか、2016年に外国語学部、2020年4月に環境創造工学科を設置。時代に求められるマインドを備えた「未来のリーダー」を育てるチャレンジ支援プログ[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。