名古屋市立大学大学院、熊本大学大学院、北里大学の研究グループは、近年複数のウイルスの抑制作用が注目されているイベルメクチンがB型肝炎ウイルス(HBV)感染を抑制する作用を有することを明らかにした。

 HBVは肝細胞に感染し慢性肝炎や肝硬変、肝がんを引き起こす。現在、HBV感染による慢性肝炎の治療薬には、主に核酸アナログ製剤が用いられている。HBVの逆転写酵素を阻害してHBV DNAを除去できるが、cccDNA(HBVウイルスの複製に必須のウイルスDNA)やHBs抗原(HBVの外殻を構成するエンベロープタンパク質)を陰性化できない。HBV DNA濃度が低くても、HBs抗原濃度が高いと肝病変への進展率や発がん率が高いとされ、HBs抗原の陰性化が重要となる。

 イベルメクチンは疥癬やオンコセルカ症の治療薬。近年、細胞内の核-細胞質輸送体(importin α/β)を特異的に阻害し、1型ヒト免疫不全ウイルス(HIV-1)やデングウイルスなどのRNAウイルスの複製を抑制することが報告されている。研究グループは、HBVの構成成分であるHBVコアタンパク質(HBc)がimportinα/βで核内に輸送されることに着目し、イベルメクチンによる抗HBV作用を調べた。

 その結果、イベルメクチンはNTCP強制発現肝がん細胞(HBVを一過性に感染可能な肝がん細胞)とヒト肝キメラマウス由来肝細胞の両細胞でcccDNA やHBs抗原を減少させた。また、イベルメクチンはHBcとimportin αのサブタイプの一つであるimportin α1(karyopherin α2、KPNA2)の核内での存在量も低下させた。また、KPNA2の発現を抑制した状態ではcccDNAやHBs抗原の産生が抑えられたことから、KPNA2のHBV感染への関与が示唆された。

 今回の研究はイベルメクチンの治療薬としての新たな可能性を示すものであり、HBVと宿主因子の相互作用の解明に繋がることが期待される。

論文情報:【Viruses】Ivermectin Inhibits HBV Entry into the Nucleus by Suppressing KPNA2

名古屋市立大学

次世代をリードする優れた人材の育成、国際的・学際的研究に精力的に挑戦

医学部・薬学部からなる公立大学として開学し、現在は7学部7研究科からなる都市型総合大学。2016年には経済学研究科「医療経済マネジメントコース」、2017年には医学研究科「臨床医療デザイン学分野」、人間文化研究科「臨床心理コース」が開設され、新たな学術分野を切[…]

熊本大学

真実や新しさを探求。熊本大学は「真のグローバル大学」をめざす

130年を超える長い歴史と伝統を持った熊本大学は、教育戦略に「旧制五高以来の剛毅木訥の気風を受け継ぎ、“Global Thinking and Local Action”できる人材育成」を掲げています。輝く未来のために新しい創造的な「知」が生まれ育ち、いかなる[…]

北里大学

生命科学の総合大学として3つのフィールドから総合的にアプローチ

北里大学は、病院や研究所、大学院、専門学校など多様な組織を持ち、有機的な「知」のネットワークで、生命科学のフロンティアを一歩ずつ切り拓いています。生命現象を解明するために3つの分野、「生命科学の基礎的研究を行う分野」「動植物と環境に関する分野」「人間の生命と健[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。