千葉商科大学では、夏休みに小学生を対象とした期間限定スクール「CUCキッズ大学 サマースクール2018」を開講する。

 CUCキッズ大学は、毎年春と夏の2回開催。近隣の小学生を対象に語学や様々なスポーツ教室を開講し、教育・学習支援を行う取組み。地域の大学として、施設環境や教育資源を地域の子どもたちに還元している。2006年度には、文部科学省から「現代的教育ニーズ取組支援プログラム(現代GP)」の優れた「生涯キャリア教育プログラム」に採択された。

 「CUCキッズ大学 サマースクール2018」は、前期:2018年8月6日(月)~8日(水)、後期:20日(月)~22日(水)に開講。スポーツ系スクール(バドミントン、チアダンス、少林寺拳法)と、お金について学ぶ社長スクール(簿記)の4つのスクールが開かれる。各スクールとも全3回。開講時間、対象学年はスクールによって異なる。

 後期日程で開催される「お金について学ぶ社長スクール」は、小学3年生以上が対象。算数や計算をもっと好きになってもらえるようにと、公認会計士の資格を持つ同大学の講師が、ゲーム形式で楽しく簿記の初歩を教えてくれる。受講料は3日間で1,500円 。参加希望者は、千葉商科大学のHPから申し込む。締切は7月23日(月)16:00まで。

参考:【千葉商科大学】CUCキッズ大学 サマースクール2018

千葉商科大学

経営者や専門家として、高い論理観を持って活動、未来を切り拓く人材を育成

商経、政策情報、サービス創造、人間社会、国際教養の5学部と大学院を有する、社会科学系の総合大学となった千葉商科大学。「実学」を教育理念とし、幅広い教養を身に着けたうえで、学生の能動的な学習を引き出すアクティブラーニングを積極的に取り入れています。また、グローバ[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。