富山大学和漢医薬学総合研究所の門脇真教授、故梅嵜雅人准教授、林周作助教らは九州工業大学大学院情報工学研究院の山西芳裕教授らと共同で、漢方薬の未知の作用を予測するアルゴリズムを持つデータベースを開発した。

 富山大学によると、研究グループは和漢医薬学総合研究所が持つ漢方薬と漢方薬を構成する生薬、その成分化合物、標的となるたんぱく質の情報を収集するとともに、たんぱく質の分子機能を解析、漢方薬が影響を及ぼす分子機能を推測した。
さらに、漢方薬の主要成分とヒトのたんぱく質がどう結合するかを分かりやすく表示する機能をデータベース上に構築。数百万個の化合物、たんぱく質の相互作用情報と化学構造の類似性検索情報を組み合わせ、漢方薬の成分化合物が標的とするたんぱく質を探索する能力を機械学習で備えた。

 その結果、このデータベースが標的たんぱく質の情報により、漢方薬の新たな適応可能な疾患を予測し、解析結果を視覚化できるようになった。

 このデータベースを使い、42種の漢方薬と54種の生薬を解析したところ、成分化合物の標的となるたんぱく質の探索から未知の作用や効果がある可能性を持つ疾患を割り出すことができたとしている。

論文情報:【Scientific Reports】KampoDB, database of predicted targets and functional annotations of natural medicines

九州工業大学

グローバル社会で活躍し続ける、高度なエンジニアへ

110年の歴史をもつ九州工業大学。教育理念「品格と創造性を有する人材を育成」を基本とし、志と情熱を持ち産業を切り拓く技術者・知的創造者を養成するため、質の高い教育を行っています。多様な学習プログラムの提供と学習環境の整備をし、グローバルな社会に必要な能力として[…]

富山大学

未来を拓く、おもしろい授業・おもしろい研究を実践

富山大学は、未来を切り拓くような出会いを提供する「おもしろい大学」づくりに取り組んでいます。高度な専門的知識をわかりやすく楽しく、ワクワクとした期待感をもって受けられる授業や、ユニークである、あるいは革新的で社会からも高く評価されている研究を実施。現在、人社芸[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。