昭和女子大学は、2018年9月21日、アメリカ・ペンシルベニア州立テンプル大学の日本校であるテンプル大学ジャパンキャンパスとの共催で、全国の大学教職員および関係者を対象とした日米アカデミックフォーラムを実施する。

 2019年秋、テンプル大学ジャパンキャンパスの全てのプログラムを昭和女子大学の敷地内に建設中の新校舎に移転し、初の日米大学統合キャンパスが誕生する。今回の日米アカデミックフォーラムはこれを機に共催することとなった。

 フォーラムは、テンプル大学ジャパンキャンパスが2015~2016年に実施したシンポジウム「グローバル競争力を高める大学運営~米国大学の事例から」とアメリカ大使館の助成による「国際化推進担当職員研修」を基に企画された。日本全国から広く参加者を募り、「多様性時代の学生サポート 教職協働の観点から」をテーマに掲げ、大学教職員など実務担当者、教育関係者間の闊達な意見交換を行い、グローバル化する大学運営におけるベストプラクティスを探る。

 シンポジウムでは、昭和女子大学の坂東眞理子理事長・総長らの基調講演と教務、学生支援サポート体制、就職指導についての分科会などが行われる予定。開催日時は、2018年9月21日(金)14:00~17:45、参加費無料、定員90名。参加希望者は昭和女子大学HPから申し込む。申し込み締め切りは2018年9月19日。

参考:【昭和女子大学】 日米アカデミックフォーラム 「多様性時代の学生サポート 教職協働の観点から」のご案内

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。