昭和女子大学と公益財団法人日本ラグビーフットボール協会は、2019年10月28日、共催でシンポジウム「女性とラグビー その魅力を語る」を開催する。

 日本で開催しているアジア初の「ラグビーワールドカップ2019日本大会」。ラグビー競技とラグビー文化の素晴らしさを伝え、これまでラグビーとは縁が薄かった人々の間でもラグビーへの関心が高まっている。また、国際統括団体ワールドラグビーは現在、女性への競技普及、女性レフリーの育成、女性役員増加に力を入れ、2年後にニュージーランドで開催される「女子ラグビーワールドカップ2021」から「女子」という性別表記をはずすことも決定している。

 そこで、「ラグビーワールドカップ2019日本大会」のため来日したワールドラグビー女子ラグビー統括責任者であるケイティ・サドラー氏、オーストラリアラグビー協会初の女性CEOレイリーン・キャッスル氏をゲストに迎え、「女性とラグビー その魅力を語る」をテーマとしたシンポジウムを開催する。ワールドラグビーの様々な取り組みや、ラグビー界における女性の現状と課題を知るとともに、女子ラグビーへの理解と関心を深めていく。聴講希望者は日本ラグビーフットボール協会または昭和女子大学のHPから事前申し込みが必要(定員190人)。参加費無料。

参考:【昭和女子大学】(公財)日本ラグビーフットボール協会と昭和女子大学シンポジウム「女性とラグビー その魅力を語る」 開催

昭和女子大学

多様性に満ちたスーパーグローバルキャンパスで、人生を切り拓く力を養成

学びを深め、視野を広げる6学部14学科を擁し、高度な専門知識に加えて、社会で活躍するための幅広い力を身につけるためのキャリア教育とグローバル人材育成教育に力を注いでいます。キャリア関連科目は1年次から始まり、インターンシップや就職支援講座も多数開設。ボストン分[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。