ピアノを中心とした音楽指導者の団体「全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)」と音楽家を対象にした人材育成および労働者派遣などを行う株式会社Luceは、音楽大学卒業生向けキャリア形成プログラムの共催を決定した。

 音楽家にとって、コンサートを開催するためのマーケティングスキルや、音楽教室開講に必要なマネジメントスキルを習得する機会はほとんどない。また、音楽以外の手段で生計を立てようとした場合、就職の手段や職業訓練を受けられる機会は非常に限られ、音学大学・専門学校を卒業したのちのキャリア形成は難しいのが現状だ。

 そこで、全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)と株式会社Luceは、ピアノを学ぶ学生および若手ピアニストを対象に、企業で働きながら指導者としてスキルアップできる「Wキャリアプログラム(ピアノ指導者向けキャリア支援プログラム)」を共催する。「ピアノ指導者を目指しているがまず一度社会勉強をしておきたい」「教室運営のノウハウや指導スキルを学んでから自分の教室をもちたい」「社会人としての基礎スキルを学びながら、指導スキルも磨きたい」など、学生たちのニーズにこたえるため、プログラムでは、ピアノ指導者を目指す人が、ピアノ指導活動と企業での就労経験を並行して行うことで、ピアノの指導技術およびビジネススキルを向上させ、将来、音楽教室をもち独立できる機会を提供する。

 また、2つのプレ研修、2018年11月開催「1日で音大卒業後のキャリアを考えるプログラム」、2019年2月開催「3日間を通して“働く”ためのチカラをつけるプログラム」も実施する。プログラムの詳細および申し込み方法は、全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)のHPから。「1日で音大卒業後のキャリアを考えるプログラム」の申し込み締め切りは、2018年10月31日。

参考:【全日本ピアノ指導者協会】ピティナ・Wキャリア制度 拡大

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。