恵泉女学園大学は、韓国の梨花女子大学と大学間および研究所間協定を締結する。2018年10月20日には、恵泉女学園大学の大日向雅美学長と梨花女子大学の金恵淑総長による記者会見を行う。

 女性活躍時代の新しい女性リーダーシップ像を描き、教育活動を行っている恵泉女学園大学と韓国の梨花女子大学。これまで、恵泉女学園大学は2016年から継続的に梨花女子大学の教授を招請し日韓国際シンポジウムを開催し「女性の生涯就業力と女子高等教育の役割」について、問題提起と可能性の提示を行ってきた。そのような交流の中で、梨花女子大学は、恵泉女学園大学の教育プログラムへの理解と関心を高め、今回の学術交流を含む協定を締結することとなった。

 2018年10月20日に開催予定の協定締結の記者会見では、恵泉女学園大学の大日向学長、梨花女子大学の金総長が、協定締結の意義や、両大学連携による東アジアの女性教育プログラムの可能性とその展望について語る。また、同日には記念シンポジウムも開催。大日向学長と金総長が「女性活躍の時代の新しいリーダーシップとは」をテーマに語り合う。今後、両大学は、東アジアの女性活躍のあり方を軸に、女性のリーダーシップ教育研究プログラムの基盤を固めていく。

参考:【恵泉女学園大学】 恵泉女学園大学が10月20日に韓国の梨花女子大学と協定を締結、記者会見を開催

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。