2018年10月17~21日、東京ビッグサイトで開催された「World Robot Summit2018」の国際ロボット競技会「World Robot Challenge」に中京大学工学部橋本研究室とオムロン株式会社(京都市下京区)、中部大学の合同チーム「ROC2」が出場。サービス部門「フューチャーコンビニエンスストアチャレンジ、陳列・廃棄タスク」において2位の入賞、学会賞として「日本ロボット学会特別賞」を受賞した。同チームは2017年度も優勝しており、2年連続の入賞となる。

 World Robot Challengeには、世界の高度なロボット技術が集結。競争を通じた技術開発の加速と、「ものづくり」「サービス」「インフラ・災害対応」「ジュニア」の分類において実際の課題解決にロボットが取り組む姿を示す、ロボットの社会実装を促進する競技会である。今年は国内外から総勢123のチームが参加し、サービス部門「フューチャーコンビニエンスストアチャレンジ」では、国内外から23チームが参加。労働人口の減少と高齢社会に対応するためにロボット技術により従業員の負担を軽減し、顧客に新たなサービスを提供する「未来のコンビニエンスストアの実現」を競った。

 競技会に向け、2018年5月にオムロンが戦略提携したテックマン社製アーム型協調ロボット「TMシリーズ」とオムロン製自動搬送モバイルロボット「LDシリーズ」を組み合わせたシステムを構築。オムロンのコア技術「センシング&コントロール+Think」技術に、テックマン社のロボティクス技術、各大学の技術を高度にすり合わせ、食品陳列、廃棄の課題で高得点を獲得した。
 
 この合同チームは、2年後開催予定の「World Robot Summit 2020」のロボット競技会に向け活動を継続し、ロボット技術開発の更なる進化を進め、少子高齢化による労働者不足や新興国での人件費高騰といったものづくり現場の社会的課題解決に貢献していく。

参考:【中京大学】工学部橋本研究室合同チーム「ROC2」、ワールドロボットサミット2018で2位入賞!日本ロボット学会特別賞を受賞

中部大学
中部大学

実社会で通用する真の実力を養う7学部26学科がワンキャンパスに集まる総合大学

約1万人がワンキャンパスで学びます。好奇心に応える施設設備、社会から研究依頼が舞い込む研究室、各分野で評価の高い教授陣が、あなたの創造力を刺激。「やりたいことができる、なりたい人になれる」大学です。[…]

中京大学

深い知識と幅広い教養を兼ね備えた人材を育成。多彩な個性が集結する11学部18学科の総合大学

11学部18学科を擁する全国有数の総合大学。年間600名以上の海外留学生、就職率97.6%、過去5年間全公務員試験合格者数2,700名以上など高い実績を誇ります。 “経験”を通じ可能性と将来像を描く「気づき」の場。ビジョン実現に必要な専門性を身につける「学び[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。