新宿マルイ本館で昭和女子大学(東京都世田谷区)生活科学部環境デザイン学科プロダクトデザインコースの学生5人が手がけたハロウィントリックアートが2018年10月1日~31日まで展示されている。

 この展示は、新宿マルイ本館の「オリジナルフォトスポット Magical Halloween」の企画で実現。撮影するとより立体的に見えるトリックアートで、館内9か所にフィルムが貼られている。

 トリックアードを撮影し、ハッシュタグ「#マルイのハロウィン」でInstagramやTwitterに投稿すると、キャンペーンサイトに掲載される。 投稿キャンペーンの受付期間は2018年10月31日まで、投稿画像2018年11月30日まで掲載される。

参考:【新宿マルイ本館】Magical Halloween(ハロウィンフォトスポット)

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。