文部科学省の大学設置・学校法人審議会は、岐阜経済大学看護学部など大学への学部設置5件、短期大学への学科設置1件、大学院設置2件、大学院の研究科設置1件、大学院研究科の専攻設置または課程変更3件を認めるよう柴山正彦文部科学相に答申した。いずれも8月の答申で保留としていたが、計画修正などが適切に行われたと判断した。

 文科省によると、学部設置は岐阜経済大学看護学部(看護学科・入学定員80人)のほか、北海道医療大学医療技術学部(臨床検査学科・60人)、田園調布学園大学人間科学部(心理学科・40人)、清泉女学院大学看護学部(看護学科・76人)、名古屋女子大学健康科学部(健康栄養学科・160人、看護学科・80人)。短大の学科設置は札幌大学女子短期大学部のこども学科(50人)。

 大学院の設置は亀田医療大学大学院の看護学研究科(看護学専攻・10人)と、湘南医療大学大学院の保健医療学研究科(保健医療学専攻・12人)。大学院研究科の設置は東京工科大学大学院のデザイン研究科(デザイン専攻・10人)。

 大学院研究科の専攻設置または課程変更は、香川県立保健医療大学大学院の保健医療学研究科看護学専攻(2人)、田園調布学園大学大学院の人間学研究科心理学専攻(5人)、姫路大学大学院の看護学研究科看護学専攻(3人)。

参考:【文部科学省】平成31年度開設予定の大学の設置等に係る答申について(平成30年10月31日)

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。