AO入試専門塾「AO義塾」を運営するLoohcs株式会社は、2019年4月から、俳優の伊勢谷友介さんらが発起人を務める「Loohcs(ルークス高等学院)」を開校する。現在、1期生の出願を受付中。

 開校する「Loohcs(ルークス高等学院)」は、「教育は、変わらなければならない。変えなければならない。」をコンセプトに掲げ、「思いやりのココロをカタチにできる」人材を育成することを目指す。対象は、新高校1年、2年、3年生。3年間で高校卒業資格取得が可能で、生徒の編入学も受け付ける。

 東京代々木Loohcs本校(東京都渋谷区)のほか、大阪、福岡サテライト校が同時開校する。海外キャンパスも置くという。選考受付日は、第1期が2018年11月14日(水)~12月9日(日)で、第4期まで設ける。

 カリキュラムは、伊勢谷友介氏が設計したリベラルアーツプログラム(教養教育)をはじめ、多文化理解を促進するダイバーシティプログラム、起業の実践、プログラミングやデザインイノベーションの分野のスキルを体得できるプログラムなど。また、入学生には、難関大学進学専門のAO義塾を8年以上運営してきた実績のもと、一人一人の要望に即した進学プログラムを提供。海外大学進学のサポート体制も充実している。さらに、国内難関大学や海外大学への進学への合格保証制度を導入し、不合格の場合は学費を全額返金する。入学金は120,000円、授業料は1,040,000円。

参考:【Loohcs(ルークス高等学院)】#問題児求む Loohcs

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。