量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所の柿沼志津子部長らの研究グループは、首都大学東京との共同研究により、幼少期に高線量の放射線に被ばくしても、その後に妊娠・出産を経験することで乳がんリスクが低下することを、動物実験により明らかにした。

 妊娠・出産経験が女性の乳がんリスクを下げることは、医学的によく知られた事実である。逆に、高線量の放射線被ばくが乳がんリスクを高めることも知られている。しかしながら、放射線被ばく後の乳がんリスクと妊娠・出産経験との関係性については、よくわかっていなかった。

 そこで、同研究グループは、ラットを使った実験でその関係性を調べた。思春期前に高線量の放射線を照射したラットのうち、妊娠・出産を経験しないものは乳がんリスクが増加したが、妊娠・出産を経験したラットについては、乳がんリスクが、放射線照射せずに妊娠・出産も経験しないラットと同じくらい低くなった。

 思春期前に照射したラットでは、プロゲステロン(乳腺の細胞や乳がん細胞を増やすシグナル)の量が妊娠・出産経験によって下がっていた。したがって、乳がんリスクの低下にはこのホルモンが関わっていることが推測される。

 本成果は、妊娠・出産経験後におこる体内の変化を模擬することで、被ばく後の乳がんリスクを低下させる薬などを開発する手がかりになることが期待される。

論文:【Scientific Reports】Differential effect of parity on rat mammary carcinogenesis after pre- or post-pubertal exposure to radiation

首都大学東京

「大都市における人間社会の理想像の追及」を使命とする東京都公立大学。

首都大学東京は2005(平成17)年に都立の4つの大学を統合して設置した新しい大学です。広い分野の知識と深い専門の学術を教授研究するとともに、教育研究機関や産業界等との連携を通じ、大都市に立脚した教育研究の成果をあげ、豊かな人間性と独創性を備えた人材を育成し、[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。