2018年12月10日、東京大学大学院情報理工学系研究科山崎研究室と恋愛・婚活マッチングサービス『Pairs(ペアーズ)』を運営する株式会社エウレカは、マッチングアルゴリズムの共同研究開発プロジェクトを開始した。

 東京大学の山崎研究室(山崎俊彦准教授)は、SNSなどに投稿された画像や動画、音声などを用いたマルチメディア処理による魅力工学の研究のほか、パターン認識・機械学習の基礎研究、新しい計算方式による高速化や最適化の研究などの新領域開拓を行っている。また、婚活研究のほか、閲覧数やいいね数を向上させるハッシュタグの推薦、TVCMなどの映像の効果予測・最適化、プレゼンテーションやスライドの印象予測・改善支援などについて基礎研究から社会実装までを視野にいれた研究もしている。

 恋愛・婚活マッチングサービス『Pairs』では、豊富なプロフィール項目とコミュ二ティ機能への登録情報、アプローチおよびマッチング傾向といった行動履歴なども含めたビックデータをベースに分析・予測を行い、独自のマッチングアルゴリズムを開発・運用。それにより、2018年8月には累計会員数が日本・台湾・韓国を合わせて800万人を突破。Pairsをきっかけに交際・入籍をした人の数は、2018年12月現在、18万人を超えているという。

 今回の山崎研究室と株式会社エウレカの共同研究開発プロジェクトでは、『Pairs』サービス内での行動履歴やマッチングに関連する情報を、山崎研究室が機械学習およびパターン認識技術により解析。学歴・職業・年収といった属性に加え、趣味・価値観・ライフスタイルなどの内面においても相関性を導き出すことで、さらに質の高いマッチングの実現を目指す。

参考:【株式会社エウレカ】『Pairs』× 東京大学山崎研究室、マッチングアルゴリズムの共同研究開発プロジェクトを開始

この記事が気に入ったらおねがいします。

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。