京都大学大学院総合生存学館(思修館)とロンドン大学ゴールドスミス校コンピューティング学部は学術交流協定を結び、思修館を中心としてアート・イノベーションの活動を始めた。それを記念し2019年3月15・16日の2日間、京都大学で国際シンポジウムArt Innovationが開催される。

 京都大学大学院総合生存学館(思修館)は、8つの教育研究分野「八思」のなかに芸術(アート)を掲げている。2018年9月に締結されたロンドン大学ゴールドスミス校コンピューティング学部との学術交流協定に基づき、両大学間で理工系の学問分野とメディアアートなどの新しい芸術学問分野を結びつける取組みを行っている。

 今回のアート・サイエンス国際シンポジウムは、その具体的な活動のひとつ。アートとサイエンスによる新しい価値創造をテーマに、京都大学側議長に土佐尚子特定教授、ゴールドスミス側議長にWilliam Latham教授をむかえて行われる(同時通訳あり)。また、3月14日から28日まで、京都大学や建仁寺を会場に、Art Innovationのプロや募集した作品の展示や大手企業との企画も展示される。

申込は事前登録制、先着100名。下記ウェブサイトに登録する。

<シンポジウム1日目>2019年3月15日(金)
9時半~15時 講演 場所:京都大学百周年時計台記念館国際交流ホール
15時半〜17時 Art Innovation展覧会と法話 場所:建仁寺
17時半〜19時半 Art Innovationパフォーマンスと懇親会 場所:京都大学橘会館

<シンポジウム2日目>2019年3月16日(土)
10時~18時 講演、公募展アワード授賞式 場所:京都大学大学院総合生存学館大講義室

申込:【国際シンポジウムArt Innovation】Registration (事前申し込み)

参考:【国際シンポジウムArt Innovation】アートイノベーション国際シンポジウム

京都大学

「自重自敬」の精神に基づき自由な学風を育み、創造的な学問の世界を切り開く。

自学自習をモットーに、常識にとらわれない自由の学風を守り続け、創造力と実践力を兼ね備えた人材を育てます。 学生自身が価値のある試行錯誤を経て、確かな未来を選択できるよう、多様性と階層性のある、様々な選択肢を許容するような、包容力の持った学習の場を提供します。[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。