1法人2大学への統合を協議していた静岡大学と浜松医科大学が再編に合意し、静岡大学の石井潔学長と浜松医科大学の今野弘之学長が合意書に署名した。両校は2021年度までに新法人の「国立大学法人静岡国立大学機構(仮称)」を設立、2022年度からの入学生受け入れを目指す。

 両校によると、新法人の下に静岡地区と浜松地区の大学を設け、新法人がそれぞれの大学を経営する。人文社会科学部、農学部などを持つ静岡大学静岡キャンパスで構成する静岡地区の大学の名称は、現在の静岡大学のまま変更しない方向。

 工学部、情報学部などがある静岡大学浜松キャンパスと浜松医科大学で構成する浜松地区の大学は、浜松医科工科大学、浜松国立大学が大学名の候補に挙がっているが、今後決定する。

 交換した確認書では統合・再編により教職員の待遇や部局の運営経費が現在の水準を下回ることがないようにするほか、付属病院の損失を原則として病院内で処理するとしている。

 経営効率化を図ると同時に、人口減少時代でも受験生を獲得できる魅力ある大学とするため、2月に政府が閣議決定した1法人複数大学制度を活用して再編を目指していたものだが、静岡大学では静岡キャンパスを中心に再編に難色を示す声が強く、直前の会議でも僅差で統合・再編案を認める形になった。

 国立大学の法人統合は2018年12月、名古屋大学と岐阜大学が基本合意を交わしたほか、北海道の3大学でも協議が進んでいる。少子化で今後も学生の減少が見込まれることから、経営効率化を図る法人統合の動きが加速しそうだ。

参考:【浜松医科大学】合意書の締結について

浜松医科大学

単科医科大学として社会に貢献し、世界に光医学を中心とした研究成果を発信する特色のある大学を目指す。

高度な知識・技術及び豊かな人間性と医の倫理を身に付けた優れた臨床医・看護専門職並びに医学研究者・看護学研究者を養成します。 近隣の自治体と協力して総合診療医の養成を意欲的に進め、日本のモデルとなることを目指しています。[…]

静岡大学

「自由啓発・未来創成」 質の高い教育と創造的な研究を推進し、社会と連携し、ともに歩む存在感のある大学。

教育・研究・社会連携の柱として、「自由啓発」を発展的に継承していきます。 平和で幸福な「未来創成」を目指し、教育、研究、社会連携に積極的に取り組みます。 静岡大学に関わるすべての人々が、互いに信をおき、学びあい、それぞれの多様性を尊びながら、「自由啓発・未[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。